ここから本文です。

更新日:2011年3月3日

ニシゴリラの「ゴン」が亡くなりました

画像:ゴン
在りし日のゴン

京都市動物園へ貸出中でしたニシゴリラの「ゴン」(オス)が亡くなりましたので、謹んでお知らせいたします。
・死亡年月日 2009年11月1日 10時15分
・死亡原因 現在調査中
・年齢 推定38歳 来園時推定3歳(人間でいうと60歳前後に相当します)
・出生地 西アフリカ
・来園年月日 1974年6月15日 デンマーク(コペンハーゲン)から来園

ゴン
男前と評判だったゴン

円山動物園へ幼少のころに来園したゴンは、大人になってからも威厳のある堂々とした風貌で大変な人気者でした。
2004年10月からは、京都市動物園へ移動し、メス2頭(ヒロミ:2008年11月死亡、ゲンキ)との間で繁殖が期待されていましたが、残念ながら二世誕生には至りませんでした。
かねてから、副鼻腔炎を患い、京都市動物園職員による懸命な治療が行われてきました。しかし、本年10月初旬から下痢や脱水症状が見られ、一昨日症状が悪化し、麻酔下での治療が実施されましたが、11月1日10時15分に死亡が確認されました。
ゴンは、当園で飼育中だった1996年に伴侶のメリーに先立たれて以降、独身生活を続けてまいりましたが、晩年の京都市動物園でのヒロミとゲンキとの生活が、本来群れで暮らすゴリラのゴンにとってかけがえのない幸せな日々であったことを願うばかりです。
多くの方々に愛され続けたゴン、38年間ほんとうにありがとう。そして、お疲れ様でした。

ゴン

ゴン


ゴン

ゴン

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428