ここから本文です。

更新日:2011年3月14日

The polar bears of Sapporo Maruyama Zoo

A New Life was born to our Polar Bear Family!
Tue, 18 Jan 2011 


Our polar bear Lara gave birth to a baby on Christmas day, 25 Dec 2010. Lara is an experienced mother who has successfully raised 4 cubs before.
Lara and her baby are housed in a quiet den room, and seem to be in stable condition. Video cameras are showing adequate lactation as well as lively calls from the baby.
On 14 Jan, our polar bear keeper fed Lara for the first time since her delivery. We will stay away from the den room for the time being, and keep monitoring remotely.
The baby should meet you in April (the schedule is subject to change). Don’t miss the cutest time!

For more information, contact us at:zoo.kanri@city.sapporo.jp
Video image (thermal camera) Mon 17 Jan

・ Baby Information
Date of birth: 25 Dec 2010, 3pm
 We are assured from the camera that there is only one baby growing.
Mother: Lara (born on 20 Nov 1994, in Oita, Japan)
Father: Denali (born on 9 Nov 1993, in Hogle Zoo, USA)

・Lara’s birth history
1st: Tsuyoshi (female, born on 11 Dec 2003) Currently in Kushiro Zoo, Japan
2nd: Pirka (female, born on 15 Dec 2005) Currently in Sapporo Maruyama Zoo, Japan
3rd (twins): Ikor and Kiroru (both male, born on 9 Dec 2008) Currently in Obihiro Zoo, Japan

 

Lara
Lara
Denali
Denali
Tsuyoshi
Tsuyoshi
Prika
Prika
Ikor and Kiroru
Ikor and Kiroru

・Polar bears at present
The wild population of polar bears has been in decline, currently estimated to be 20,000 - 25,000, due in part to loss of sea ice from climate change. They are listed as ‘Vulnerable’ to extinction in IUCN Red List.

As of 2008, there are 352 captive polar bears in 134 institutions worldwide. In Japan, the number decreased from 61 in 2000 to 45 in Nov 2010, during which only 5 cubs grew up successfully: 4 in Maruyama Zoo, and 1 in Wakayama (by artificial breeding)

■ 原文

ホッキョクグマ「ララ」が赤ちゃんを出産しています。
2011年1月18日(火)

昨年(2010年)12月25日(土)に、ホッキョクグマ「ララ」が出産いたしました。順調にいけば4度目、5頭目の成育となります。
現在、ララと赤ちゃんは産室におり、落ち着いて過ごしています。赤ちゃんは鳴き声も強く、母親のララは順調に授乳している様子です。
1月14日(金)、飼育員が屋内飼育施設に入り、出産後はじめての餌をララにあげてきました。なお、赤ちゃんのいる産室にはしばらく立ち入らずカメラで様子を見ていきます。
一般公開は、赤ちゃんの生育状況にもよりますが、4月上旬頃になる予定です。
 
お問い合わせメールはこちら

2011年1月17日の産室内の様子

【円山動物園の飼育状況】
赤ちゃん 2010年12月25日(土)午後3時すぎ誕生
出産直後は1~2頭と思われる鳴き声が確認されていましたが、映像から1頭が成育中と確認できます。
母親 ララ  1994年11月20日別府ラクテンチ動物園生まれ(16歳)
父親 デナリ 1993年11月9日アメリカHogle動物園生まれ(17歳)

【ララの繁殖状況】
第1子 「ツヨシ」2003年12月11日生まれ(7歳・雌) 
2005年1月22日に、釧路市動物園へ移動しました。
第2子 「ピリカ」2005年12月15日生まれ(5歳・雌)
     円山動物園におります。
第3・4子 「イコロ」・「キロル」 2008年12月9日出産(2歳・いずれも雄)
2010年2月21日に、おびひろ動物園へ移動しました。

<ホッキョクグマの現状>
地球温暖化等の影響を受け、2006年に国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種に指定されました。現在は野生下での生息数は約20,000~25,000頭とされています。
世界の動物園では、2008年末現在で134施設352頭が飼育されています。
日本では、2010年11月1日時点で23施設45頭が飼育されています。2000年以降の10年間で、円山動物園で3回4頭、アドベンチャーワールドで1回1頭(人工哺育)の5頭が生育しているのみで、個体数も61頭から45頭と16頭も減少しています。

 

 

  Maruyama Zoo is presently raising and exhibiting 4 polar bears: Rara
(female, born on November 20th, 1994 in Oita prefecture, Japan), Satsuki (female, born on November 14th, 1991 in Ohio, USA), and twin cubs (both male, born on December 9th, 2008 in Sapporo Maruyama Zoo, Japan. Their mother is Rara).

polar bears

 Because polar bears are wise and very nervous, their natural reproduction in captivity hardly succeeds.
 There are lots of examples of bear couples that do not copulate because they have no affinity for each other, or of bear mothers that abandoned their cub.
 About 50 polar bears are currently raised in Japan, and only 4 little bears have been born successfully by natural reproduction since 2000: Tsuyoshi, born in December 2003 (female, now bred in Kushiro Zoo, in Hokkaido), Pirka, born in December 2005 (female, now bred in Obihiro Zoo, in Hokkaido) and twin cubs (both male, born in December 2008 in Sapporo Maruyama Zoo, Hokkaido).
 They are the cubs of Maruyama Zoo’s Denali and Rara.
 Both are the cubs of Maruyama Zoo’s Denali and Rara. Their births are of course the results of the affinity between the two parents and of the blessed fecundity of Rara, but also of the fact that the zoo’s staff is always anxious to maintain a good environment for bear mothers to give birth and raise their babies safely.
 Sapporo is located at relative high latitudes in Japan, and in winter the weather is cold and snow falls and accumulates; that is why you can see polar bears living in a snowy environment. But, if a female is suspected to be pregnant, the bear enclosure and its surroundings are closed from falls to early spring, not only to public but also to the staff, in order to provide the mother a quiet environment. We can not

polar bear

recreate the same conditions as in the polar ice field, but we make our possible for the bear mother to spend very quite times from the last period of her pregnancy to the first period of cub raising.
 The number of polar bears is declining because of noxious chemicals, climate change and hunting, and they have been added as vulnerable (VU) to the 2006 red list of the International Union for Conservation of Nature (IUCN).
 We can take for granted that the main reason why this beautiful and brave bear became endangered is global warming, which is caused by the CO2 emissions due to humans’ industrial activities.
 There are several opinions on the causes and risks of global warming, but it is certain that the melting of the polar ice causes great damages to polar bears that hunt seals on sea ice.
 Maruyama Zoo, like several other zoos in the world, has been entrusted the role of an animal ark that preserves endangered species and makes animals reproduce.
 Polar bears must be more protected.

polar bear cub

In 2003, according to the international pedigree registration, there were 389 bears (almost 400), raised in 160 places, and some cubs have been born since.
Recently, some new born cubs gained publicity: Knut, born in December 2006 in Berlin (Germany), and raised by humans since he has been abandoned by his mother; two twins born in December 2007 in Wien (Austria); Flocke (female), also born in December 2007, and like Knut, raised by humans; two twins (one has passed away since) born in December 2008 in Alborg (Denmark).
 A new snow-white twin cried for the first time in September 2008, here in Sapporo. They are growing in a healthy good condition.
 We would like this twin cubs to become the ambassador of wildlife, the messenger of North Pole.
 We, the Maruyama Zoo’s staff, wish that seeing this cute little bear, people of the world will think about endangered animals, and about the impact of people’s way of living on wildlife.

polar bear’s hair


An image of polar bear’s hair from an electron microscope.
The air space inside is for warm-keeping.
Polar bear’s body has developed specifically to be able to live on polar sea ice.

June 2009

■ 原文 

  円山動物園では、現在4頭のホッキョクグマ「ララ」(メス・1994年11月20日日本大分県生まれ)、「さつき」(メス・1991年11月14日アメリカ合衆国オハイオ州生まれ)、双子の男の子(2008年12月9日生まれ、母親はララ)を飼育・展示しています。
 ホッキョクグマは賢いうえにとても神経質な動物で、飼育下での自然繁殖はなかなか成功しません。
 オスとメスの相性が合わずに交尾に至らなかったり、母熊が子育てを放棄してしまったり、といった例が多々あります。
 ここ日本では、約50頭のホッキョクグマが飼育されていますが、西暦2000年以降、自然繁殖で無事成育したのは、たったの4頭だけです。2003年12月に生まれた「ツヨシ」(メス・現在は北海道釧路市の動物園にて飼育)と2005年12月に生まれた「ピリカ」(メス・現在は北海道帯広市の動物園にて飼育)、そして2008年12月生まれの双子です。
 みんな円山動物園のデナリとララの間に生まれた子です。彼らの相性や、ララの母としての資質といった要素に恵まれたことももちろんですが、母熊が安心して子供を産んで育てられるよう、円山動物園では環境の整備にも気を配っています。
 ここ札幌は、日本においては緯度の高い都市で、冬は寒冷で厚く雪が降り積もり、ホッキョクグマが雪のなかで過ごす姿を見ることができます。けれども、メスが妊娠している可能性のある年は、秋から春先までクマの飼育舎の周囲を閉鎖して、お客さまだけではなく、職員も立ち入らず、静かな環境を母熊に提供しています。北極圏の氷原のように、とはいかないものの、母熊が極力落ち着いて妊娠の後期から子育ての初期にいたるまでを過ごせるように、できる限りの配慮をしています。
 有害な化学物質や気候変動、狩猟のためにその数を減らし続け、ホッキョクグマは国際自然保護連合(IUCN)が発行している、レッドリスト2006年版において、危急種(VU)と認定されました。
 この美しく勇猛なクマが絶滅の危機に晒されている最も大きな原因は、人間の産業活動から排出されるCO2による地球温暖化である、という説が有力です。
 地球温暖化については、その原因やリスクに諸説あるものの、氷海の上でアザラシを狩るホッキョクグマにとって、北極圏の氷の消失が大きなダメージとなることはほぼ間違いないでしょう。
 円山動物園は、世界の多くの動物園と同じく、失われていく種を保存し、繁殖させる生物の箱舟としての役割を担っています。
 ホッキョクグマは今最も守るべき種のひとつです。
 世界の動物園においては、2003年時点の国際血統登録では、160施設、389頭(約400頭)が飼育され、年間数頭が生まれています。
最近では、2006年12月にドイツ・ベルリンで産まれ、育児放棄されたために人の手で育てられた「クヌート」(Knut)、2007年12月にオーストリア・ウィーンで産まれた双子、同じく2007年12月にドイツ・ニュルンベルクで産まれ、クヌート同様に人工飼育となってしまったメスの子「フロッケ」(Flocke)、2008年12月にデンマーク・オールボーで産まれた双子(うち一頭すでに死亡)が有名です。
 そして2008年12月9日、ここ札幌で、真っ白な赤ちゃんが産声をあげました。彼らは健やかにすくすくと育っています。
 その子達には、野生からの大使、北極圏からのメッセンジャーとしての役割を担ってもらいたい、と考えています。
 とてもキュートなその姿を見て、世界中の人々に、危機にさらされる動物たちのこと、そして彼らに影響を及ぼしている自分たちの暮らし方について、思いを馳せてみてほしい、それが円山動物園の願いです。
ホッキョクグマの毛を電子顕微鏡で見た画像 
保温のために空洞になっている 
彼らの体は北極圏の氷海で生きていくために特殊な発達を遂げた

(2009年6月・記)


ホッキョクグマへもどる

トップへもどる


このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428