• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > は虫類・両生類館 > フラミンゴのヒナが誕生しました!

ここから本文です。

更新日:2015年11月2日

フラミンゴのヒナが誕生しました!

ヒナ

チリーフラミンゴのヒナ

今年もフラミンゴの繁殖に成功いたしました。今年繁殖したのはチリーフラミンゴ1羽で2012年から4年連続の成功となります。

今年は例年に比べて孵化時期が遅く、また冷え込みも厳しかったことから、成長を心配しておりましたが、無事元気に育ってくれています。

これで当園のフラミンゴは、チリーフラミンゴ16羽、ベニイロフラミンゴ11羽の合計27羽となりました。

フラミンゴの雛は、色鮮やかな成鳥とは異なり、灰色の体毛をしています。展示場の奥側にいることが多いため、少し観察しづらいかもしれませんが、現在、熱帯鳥類館屋内バードホールにて展示しておりますので、愛らしいフラミンゴの雛にぜひ会いにきてください。ぜひご覧ください。

 

【今回生まれた雛】

9月11日産卵、10月7日孵化、性別は今のところ不明です。

 

【チリーフラミンゴ豆知識】 分類:フラミンゴ目 フラミンゴ科

分 布:南アメリカ、ペルーからチリ南端、ブラジル南部からアルゼンチンの山地の塩水湖

形 態:全身が薄いピンク色、嘴は先端から半分近くまで黒色、根元は白色

生 態:数千から数万羽の集団で生活。エサは主にプランクトンや水生昆虫、藻類など。巣は、泥でつくった臼状。動物園では、青菜をジューサーで液状にした物にフラミンゴ用ペレットやオキアミを混ぜて与えている。また、雛には、親がフラミンゴミルクと呼ばれるたんぱく質と脂肪に富んだ液体を口移しで与える。 

 

フラミンゴたち

赤味が強く大型のものがベニイロフラミンゴ。色が薄くやや小型のものがチリーフラミンゴ。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428