• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > チンパンジー館で発生した事故について

ここから本文です。

更新日:2018年5月28日

チンパンジー館で発生した事故について

本日、円山動物園内チンパンジー館内において、チンパンジーが飼育係のいる場所に入るという事案が発生しました。

ガラスを割るなどにより、チンパンジーが逃げてしまう可能性があったことから、園内のお客様の安全確保のため、事案発生後、閉園の措置を取ることといたしましたので報告いたします。

本日ご来園いただいたお客様には、大変ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

1 原因

飼育員がチンパンジーへの給餌準備を行なう際、施錠すべき扉を施錠し忘れた。

2 経緯経過

13時50分 職員から無線連絡、チンパンジー館でトラブル発生した旨の連絡あり。

13時55分 チンパンジーが裏扉の窓ガラスを割ったため、チンパンジー逸走の可能性があるので、周囲のお客様には一旦屋内に避難していただくこととし、園内放送とともに職員による誘導を実施。(逸走の可能性のあった個体:ガチャ(メス、推定52歳)、アッキー(オス、9歳))

14時10分 チンパンジー全頭がチンパンジー館内にいることを確認し、チンパンジーを屋外放飼場側へ誘導開始。

14時12分 他の窓等から、チンパンジー逸走の可能性が否定できないと判断し、閉園することを決定、順次お客様を動物園外に誘導開始。

14時15分 チンパンジーを全頭屋外放飼場に誘導し、施錠完了。

14時20分 引き続きお客様を誘導し、退園していただく措置を取る。

14時55分 全ての建物にお客様がいないことを確認し、閉園を完了。

3 来園者へのご対応

入園中の皆様については、全員退園していただきました。

退園にあたり、駐車料は無料としたうえで、入園料については半券などで確認できた方については返金処理をいたしました。

4 被害状況

(1)人的被害

 入園者及び動物園職員ともに被害ありません。

(2)チンパンジーの健康状態

 負傷等なく、特に問題ありません。

(3)物的被害

 扉のガラスが割れた以外に被害なし。

5 再発防止策

今回の事案については飼育員の施錠忘れが原因であることから、当該事案につき動物園全体で情報共有を行なった上で、マニュアルの再整備及び手順確認の徹底等の再発防止策を講じます。

6 加藤園長からのコメント

この度は、大きな事故につながるような緊急性のある事態を発生させてしまい、大変申し訳ありません。

また、本日ご来園いただきましたお客様には、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

今後、お客様と動物の安全対策について、徹底し、今後二度とこのようなことが発生しないようにしてまいります。

市民の皆様には、重ねてお詫び申し上げます。

7 その他

明日以降は通常通り開園・営業いたします。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428