• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 総合案内 > 台北市立動物園との動物交換について

ここから本文です。

更新日:2017年3月9日

台北市立動物園との動物交換について

台湾の台北市立動物園と円山動物園は、種の保存や環境教育及び飼育に関する技術的な協力等の交流を進めていくことを目的として、今年10月31日に協力関係樹立の覚書を締結いたしました。

この覚書に基づいて行う動物交換の発表を12月19日(木)に台北市立動物園において行うとともに、覚書締結を記念して当園から苔のトピアリー(模型)を贈呈しました。 

動物交換

両園園長から動物交換の発表(円山動物園からはヨウスコウワニとヤドクガエルを、台北市立動物園からはチンパンジーを予定)

 贈呈 贈呈2

苔のトピアリー(模型)贈呈

円山動物園からホッキョクグマを表現した苔のトピアリー(模型)を贈呈                                                                                     ※実物は平成26年1月以降現地で制作する予定、台北市立動物園の来園者に対する円山動物園のPRを目的として設置

苔のトピアリー

【台北市立動物園】

1914年(大正3年)開園。台湾で最も歴史があり、最も大きな動物園。動物種約397種2,626点、年間来園者数約270万人。

【近年実施した海外動物園との動物交換】

2010年(平成22年)

 韓国大田市と本市の姉妹都市提携記念として、当園のリスザル8頭と、大田市オーワールド動物園のブチハイエナ2頭を交換。

2012年(平成24年)~2013年(平成25年)

 2011年から開始した中国北京動物園と当園の交流事業の一環として、当園のチンパンジー1頭と、北京動物園のアカハナグマ2頭を交換。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428