• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 総合案内 > 動物園の取組 > 研究 > 飼育困難種・カンボジアモエギハコガメの繁殖に成功!

ここから本文です。

更新日:2016年7月3日

飼育困難種・カンボジアモエギハコガメの繁殖に成功!

この度、当園でカンボジアモエギハコガメの繁殖に成功しました。これまで国内の動物園・水族館では、この種の飼育下での繁殖は報告が無く、国内で初めての成功例となります。
この種の仲間はカメの中でも最も飼育が難しい部類に入り、長期飼育の例もありません。当園ではオス・メスの2匹を飼育中ですが、これまで何度も危険な状態となり、その都度懸命に介護してきました。その結果、現在では完璧に体調も回復し何でも食べる健康な個体となり、2001年より、交尾、産卵が見られるようになりました。しかし、卵の孵化法が他のカメとはやや異なるようで、失敗を繰り返してきましたが、試行錯誤の結果、本年初めて念願の孵化に至りました。
その後順調に成育し、この9月23日から爬虫類館にて一般展示を開始しています。


○産卵日 平成16年3月8日
○孵化日 平成16年6月26日
○性別 不明


【一口メモ】
モエギハコガメは中国南部、ラオス、ベトナムなどに生息しているハコガメの仲間で、現在3亜種(ベトナムモエギハコガメ、ラオスモエギハコガメ、カンボジアモエギハコガメ)が知られています。現地では食用にされており、現在では絶滅に瀕している状態です。飼育は非常に厄介で、とにかくほとんどの個体が餌を食べずに死んでいくため、飼育関係者の間では「死にガメ」と言われています。
[カンボジアモエギハコガメ]
*学名Cistoclemmys galbinifrons picturata
*英名Cambodia Box Turtle
*分布 ベトナム南部、カンボジア
カメの特徴・・・高く盛り上がった特徴的な甲羅、幾何学的な模様、神経質そうな顔。

飼育係のおはなしへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428