ここから本文です。

更新日:2013年2月15日

カンボジアモエギハコガメ

■ 円山動物園レッドデータブック(は虫類) カンボジアモエギハコガメ

画像:カンボジアモエギハコガメ

カメ目
ヌマガメ科
Cuora galbinifrons picturata
Cambodia Box Turtle
レッドリスト:CR 絶滅危惧ⅠA類(IUCN2012)
ワシントン条約:付属書 II

形態
甲羅の長さは最大で約19cmになります。甲羅はドーム状に盛り上がっているのが特徴です。

生息地
モエギハコガメは中国南部、ラオス、ベトナムなどに生息しているハコガメの仲間で、3亜種が確認されています。

種の特徴
山地や森林などで生活し、雑食性で、昆虫、動物の死骸、果実などを食べる。飼育は非常に厄介で、とにかくほとんどの個体が餌を食べずに死んでいくため、飼育関係者の間では「死にガメ」と言われています。

減少の原因
現地では、食用とされており、また、開発による環境破壊やペット用の乱獲などにより、個体数は減少しています。

円山動物園での状況
1995年から飼育を開始し、2004年に国内で初めて繁殖に成功しました。現在、爬虫類・両生類館で飼育しています。

(平成25年2月15日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428