ここから本文です。

更新日:2013年2月9日

ゼニガタアザラシ

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) ゼニガタアザラシ

画像:ゼニガタアザラシ

食肉目
アザラシ科
Phoca vitulina
Habour seal
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
環境省レッドリスト:VU 絶滅危惧Ⅱ類

形態
体長はオスで150~200cm、メスで120~170cm、体重はオスで70~170kg、メスで50~150kgで、黒地に白い穴あき銭のような斑紋を持つのでこの名前が付けられました。体色は暗色型と明色型があり、わが国に生息している個体はほとんどが暗色型です。母の胎内で白い産毛が抜けてしまうので、新生児は大人と同じ銭型模様で生まれて来ます。メスは岩場で出産するので、銭型模様は保護色になります。

生息地
太平洋から大西洋まで広く分布し、わが国に定住する唯一のアザラシであり、北海道東部や歯舞諸島等に生息しています。

種の特徴
性成熟はメスで4~6才、出産は5~6月、寿命は約30年です。日本に生息する亜種は流氷のない岩場で定住生活をしています。回遊魚、底生魚、外洋魚、タコ、エビ、イカなどを食べています。

減少の原因
魚網内外の魚を食べたり、網を破ってしまうことから、漁業者にとっては害獣として乱獲され個体数が急減し、現在は狩猟は行われておらず、やや増加傾向にあります。しかし、出産・育児・換毛・休息を行う上陸場の数はこの30年間増加しておらず、特定の上陸場への集中が懸念されます。さらには、この10年間の個体増加率は鈍化しており、環境の影響が考えられます。

円山動物園での状況
1969年から飼育を開始しており、1985年から繁殖しています。現在も海獣舎で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


 

円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428