• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 環境を学ぼう > 円山動物園レッドデータブック

ここから本文です。

更新日:2013年2月27日

円山動物園レッドデータブック

アムールトラ
アムールトラ

円山動物園で飼育している動物のうち、レッドリスト、ワシントン条約付属書 I ・ II 類、国の天然記念物、北海道レッドリストに載せられている動物の紹介と簡単な解説です。

哺乳類

鳥類
爬虫類

レッドリスト
絶滅のおそれのある野生生物(動植物)のリスト。絶滅の危険性の高さによりいくつかのカテゴリーに分けられています。1966年にIUCN(国際自然保護連合)によって作成され、その後、各国、地方自治体、学術団体等によっても作成されています。
2012年版のIUCNのレッドリストによると、絶滅の危機に瀕する生物種数は20,219種で、動物種が10,820種、植物種が9,399種です。

レッドリストカテゴリー(2012年版)

■Evaluated - 評価実施
 ●Adequated data - 適当なデータあり
 ▲Extinct(EX) - 絶滅:すでに絶滅したと考えられる種
 ▲Extinct in the Wild(EW) - 野生絶滅:飼育・栽培下でしか生存していないもの。または本来の分布域以外の地域に帰化した個体群のみが生存しているもの。
 ▲Threatened - 「絶滅危惧」
 └ Critically Endangered(CR) - 絶滅危惧ⅠA類:近い将来、高い確率で野生では絶滅に至る危機にあるもの。
 └ Endangered(EN) - 絶滅危惧ⅠB類:ⅠA類ほどではないが、近い将来、野生では絶滅に至る危機にあるもの。
 └ Vulnerable(VU) - 絶滅危惧Ⅱ類:このままの状態では、近い将来絶滅危惧Ⅰ類に移行する危機にあるもの。
 ▲Near Threatened(NT) - 準絶滅危惧:現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては絶滅危惧に移行する要素を要するもの。
 ▲Least Concern(LC) - 軽度懸念:上記のいずれにも該当しない種。絶滅の危機の度合いが比較的軽いもの。
 ●Data Deficient(DD) - データ不足:評価するには、分布や個体数についての情報が不足しているもの。
■Not Evaluated(NE) - 未評価:評価基準に基づく評価がされていないもの。

ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)
CITES(Convention of International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)

人間による野生生物の過剰な利用を防ぎ、絶滅のおそれのある動植物を守るために、国家間の野生生物の取引を規制する国際条約として1973年にワシントンで採択され、1975年に発効しました。2013年3月現在日本を含む177カ国が批准しています。
ワシントン条約では、規制対象である動植物(動物;約5,000種、植物;約28,000種)を3つに区分して、保護の必要性に応じて規制内容を定めています。また、規制対象は生体のみならず、皮や骨なども含まれます。

付属書 I 今すでに絶滅する危険が高い生物を掲載。商業目的の輸出入は禁止、学術目的の場合は輸出入国政府が発行する許可書が必要。約900種。
付属書 II 将来、国同士の取引を制限しないと絶滅の危険が高まるおそれがある生物を掲載。商業目的のための輸出入には、輸出国政府の許可書が必要。約33,000種
付属書 III 生息国が、保護のために国際的な協力を求めている生物を掲載。商業目的の輸出入には輸出国政府の許可書が必要。約300種。

(平成25年2月27日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428