ここから本文です。

更新日:2014年5月18日

シンリンオオカミ

シンリンオオカミ

*食肉目
CARNIVORA
*イヌ科
Canidae
*英名
Eastern timber wolf
*学名
Canis lupus lycaon

 

 

シンリンオオカミはタイリクオオカミの亜種で、オオカミの中で最も大きく頑丈な体をしています。群れにはリーダーを中心とする厳格な順位があり、群れのまとまりはとても強いです。北アメリカのカナダ、アラスカの森林地帯に住んでいて、野ウサギ、シカ、ビーバーなどを食べています。
現在、円山動物園のオオカミはオスの4頭で、名前は「ジェイ」、「ルーク」、「ショウ」、「ユウキ」です。

「ジェイ」(2005年4月25日生)は2008年7月29日に、群馬サファリパークから来園しました。オオカミらしい凛々しい顔立ちで、大きな体つきですが、おっとりした人懐っこい性格の持ち主です。

この「ジェイ」と、当時飼育していたメスの「キナコ」との間に生まれた子が「ルーク」(2010年5月14日生)、「ショウ」(2011年5月9日生)、「ユウキ」(2011年5月9日)の3頭です。

※「キナコ」は2013年1月8日に事故のため死亡しました。

 

シンリンオオカミの赤ちゃん

小さい頃のルーク

画像:シンリンオオカミのジェイとキナコです。

ジェイとキナコ

シンリンオオカミ「ユウキ」「ショウ」

左「ユウキ」 右「ショウ」

 

エゾシカ・オオカミ舎の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428