ここから本文です。

更新日:2018年10月13日

シュバシコウ

シュバシコウ

*コウノトリ目
CICONIFORMES
*コウノトリ科
Ciconiidae
*英名 
White Stork
*学名
Ciconia ciconia ciconia

分布 ヨーロッパや北アメリカ、中近東に分布しています。
特徴

繁殖地は主にヨーロッパと中央アジアで特にポーランドは世界最大の繁殖地であり、夏のポーランド湖水地方の田舎は木々や家々の煙突、電柱等、あらゆる高い場所がコウノトリの巣だらけになります。
縁起がいい鳥として危害が加えられないため、人をそれほど恐れておらず、ドイツ、リトアニアの国鳥です。

東アジアに生息するコウノトリは、シュバシコウの近縁種で羽色はほとんど同じですが、嘴の色は黒いです。

また生態面でも、シュバシコウは集団繁殖に近い形で繁殖する等、いくつかの異なる点があり、白い体に赤く長いくちばしを持ちます。

発声器官の筋肉があまり発達していないため、鳴き声を出すことができず、死ぬまでつがい関係を持ち続け、関係を再確認するために嘴を打ち鳴らし、あいさつを行います。

この行動をクラッタリングといい、鳴らし方で威嚇や求愛等様々な意味があると考えられています。

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるという話のモデルがシュバシコウです。

食性 雑食性で、魚類、両生類、軟体類等
寿命 野生下:不明 飼育下:約35年

総合水鳥舎の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428