ここから本文です。

更新日:2019年3月21日

エリマキキツネザル

エリマキキツネザル

*霊長目
PRIMATES
*キツネザル科
Lemuridae
*英名
Ruffed Lemur
*学名
Varecia variegata

分布 マダガスカル島の熱帯多雨林だけに生息する固有種です。
特徴

口先が長くキツネに似ており、黒い顔と首に襟巻をしているような白い毛があるのが特徴で、キツネザルの仲間の中では最も体が大きいです。

クロシロエリマキキツネザルとアカエリマキキツネザルの2種が知られていますが、いずれも体色ははっきりと分かれています。

手は親指とほかの指が対向していて、木の枝や物をつかむことができますが、採食するときにはあまり手を使わず、直接口で食べることが多いです。

また、いくつかの地域では、地上に降りて菌類や土壌を食べることも観察されており、朝と夕方に活発に活動をし、昼間は木陰でじっとしています。

サルにしてはめずらしく樹上に簡単な巣を作り、一度に複数の仔を産み、そこで子育てを行う習性があります。

鳴き声は「ゴーワ・ゴーワ」と鳴き、体のサイズに似合わない大きな声で吠えることもします。

食性 主に果実や木の葉、花等
寿命 野生下:約15~20年 飼育下:約20~35年
減少の理由

森林伐採等による生息地の減少や分断といわれています。

野生の個体は1000頭以下と考えられています。

その他 レッドリスト:CR(IUCN2014) CITES:付属書Ⅰ


モンキーハウスの動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428