ここから本文です。

更新日:2012年6月8日

インドゾウ(アジアゾウ)

*長鼻目
PROBOSCIDEA
*ゾウ科
Elephantidae
*英名
Asiatic Elephant

*学名
Elephas maximus

ふつう、鼻も含めた体長5.5~6.5m、体高2.2~3.2m、体重4~5トンの地上性の動物で最大です。インドゾウの場合、牙はオスだけに目立ち、メスでは口の外に出ることはあまりありません。森林地帯に群れで住み、1日の大半を採食行動に費やします。餌は、おもに木の葉と草で、その体を保つため、たいへんな大食漢です。本園では、夏は牧草(青草)、リンゴ、ニンジン、ジャガイモ、パン、濃厚飼料などをあたえていますが、冬は牧草に替えて、乾草でがまんしてもらっています。円山動物園のゾウは、平成11年(1999年)7月8日に、より若いメス「リリー」を足のケガで失ってからは「花子」1頭だけとなりました。その後「花子」は寂しさからか入園者にお尻を向けることも多くなりました。また、平成18年(2006年)7月15日の60歳の誕生日には、「花子」は赤いチャンチャンコを身にまとい、多くの市民のみなさんと共に還暦のお祝いをしました。
ところが、平成19年(2007年)1月28日早朝に体調を崩して立つことができない状態になり、職員の懸命な看護にもかかわらず、1月28日11時32分天国へ旅立ちました。
「花子」を応援してくれた市民の皆様に感謝するとともに、謹んでお知らせします。

行事の模様はこちら(Windows Media Playerでご覧ください。)

敬老の日:アジアゾウ「花子」

(46K/秒、740KB、121秒)平成14度撮影

 

ゾウ導入の検討調査について (平成24年6月8日作成)

 円山動物園では平成22年よりゾウ導入に関しての検討調査を実施しております。

 詳しくはゾウ導入の検討調査のページをご覧下さい。 

 

 

過去飼育していた動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、Windows Media Playerのダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428