ここから本文です。

更新日:2014年11月12日

ユキヒョウ

ユキヒョウ

*食肉目
CARNIVORA
*ネコ科
Felidae

*英名
Snow Leopard
*学名
Panthera uncia

 

ユキヒョウのアクバル

アクバル

画像:ユキヒョウのリーベ

リーベ

名前のとおり、灰色~白色の毛を持ち、野生のものはヒマラヤなど標高2000~6000mもの高山で、ヒツジやヤギ、シカの仲間やネズミ、小鳥類などを捕らえて生活しています。

インド、モンゴル、ネパール、パキスタン、ロシアなどに生息していますが、開発や美しい毛皮を狙った狩猟により、絶滅の危機に瀕しています。
ワシントン条約付属書1類で国際血統登録がなされており、世界では220の動物園で約600頭が、国内では11の動物園で20頭が飼育されています。
1987年(昭和62年)には国内の動物園で初めてオスとメス各1頭ずつ子供が生まれるなど、最盛期には7頭も飼育されていたことがあり、本園生まれの子供は多数国内の多くの動物園に移動して、今は孫が大活躍しているところです。


現在はオスの「アクバル」(2005年6月7日多摩動物園生まれ)とメスの「リーベ」(2003年5月12日ポーランド生まれ)のペアを飼育しています。

2009年5月、2頭の間に待望の赤ちゃんが誕生しました。オスとメスの双子で、メスはユッコ、オスは「ヤマト」といいます。
大きくなった「ユッコ」は2010年11月14日に多摩動物公園へ、また「ヤマト」は2010年12月10日に旭山動物園へ、それぞれ旅立っています。

2011年5月にもメスの赤ちゃんが誕生し「リアン」と命名されました。2011年12月にはスウェーデンからメスの「シジム」が来園し、現在円山動物園では「リーベ」「アクバル」「リアン」「シジム」の4頭を飼育しています。


円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428