ここから本文です。

更新日:2018年9月29日

ニホンザル

ニホンザル

*霊長目
PRIMATES
*オナガザル科
Cercopithecidae
*英名
Japanese Macaque
*学名
Macaca fuscata

分布 日本(本州、四国、九州)に広く分布し、常緑広葉樹林や落葉広葉樹林に生息しています。
特徴

人を除いたサル目の現生種では最も北まで分布します。

東北地方や中部山岳部の個体群は大型となっており、体毛は寒冷地では長く密に被われ、温暖地では短く薄く被われる傾向があります。

幼獣は体毛が密に被われますが、成長に伴い密度は低くなります。

顔や尻は裸出し赤く、雄は犬歯が発達しています。

昼行性ですが積雪地帯で吹雪の日は日中でも活動をしません。

行動圏は常緑広葉樹林では狭く、落葉広葉樹林では広くなる傾向があり、群れは母系集団で雄は生後3~8年で生まれた群れから独立します。

食性 植物食傾向が強い雑食で、主に果実を好みますが、植物の葉から昆虫等約200種類以上の餌を食べます。
寿命 野生下:約25年 飼育下:約30年
その他

CITES:付属書Ⅱ(2018)

円山動物園では、それぞれ入れ墨が顔に入っており、入れ墨箇所を足した数とマイクロチップで個体識別をしています。

サル山への動物もどる

円山動物園のトップへもどる

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428