ここから本文です。

更新日:2011年7月30日

ベネットアカクビワラビー

ベネットアカクビワラビー

*有袋目
MARSUPIALIA
*カンガルー科
Macropodidae
*英名
Bennetts Wallaby
*学名
Macropus rufogrisea benetti

首と肩の部分が赤く、オーストラリアで最もよく見られる中型のカンガルーです。海岸沿いのヤブや森林にすみ、日暮れから夜にかけて活動し、おもに草や小低木の若葉、木の根などを食べます。カンガルーのなかでは最も足が速い種類です。当園では飼育係員がかれらの好む草(イネ科のオーチャードとマメ科のクローバ)を屋外放飼場に育てていますが、食欲旺盛な彼らは、草が大きくなる前にかたっぱしから食べてしまい、飼育係のお兄さんを困らせています。

2011年7月4日、メスの「ミミ」が亡くなり、飼育展示中のベネットアカクビワラビーの頭数はゼロとなりました。

 

カンガルー館の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428