ここから本文です。

更新日:2014年6月5日

アニマルファミリーについて

アニマルファミリーの終了について

 平成20年度よりスタートいたしましたアニマルファミリーにつきましては、動物たちのエサ代として皆様から心あたたかいご寄附をいただき、動物たちのイベントやその他の特典をご利用いただくかたちで運営して参りました。このアニマルファミリーに大勢の方にご参加いただけるよう、当園としてもこれまで呼びかけをして参りましたが、平成23年度以降、会員数が一定以上増えることはありませんでした。
 このため、アニマルファミリーの見直しを進めましたところ、会費の金額がやや高額であることや、会員の皆様に特典として提供できる内容にも限界があり、特典に魅力を感じて加入される方が少なくなってきていることが主な要因であると判断するに至りました。
 そこで、現在、新たな制度として、会費の金額を大幅に引き下げ、会員の皆様のご寄附によって動物たちの飼育環境をより充実させることが実感できるような制度を平成26年10月のスタートを目指して準備を進めているところであります。この新たな制度へ移行するにあたり、アニマルファミリー会員の皆様には誠に恐縮ではございますが、平成26年度末をもって、現アニマルファミリーを終了させていただくこととなりました。
 これまで心あたたかいご支援をいただいたアニマルファミリーの会員の皆様には深く感謝いたしますとともに、これまでと変わらず、応援していただいた動物たちのことを思いやっていただくことができますれば幸いでございます。
 また、新たな制度の概要が定まり次第、皆様にお知らせいたしますので、今後とも何卒ご理解とご支援を賜りますようお願いいたします。

 

アニマルファミリーの終了に関するQ&A

 

Q1 新たに会員となりたい方の募集は行わないのですか。

A1 平成26年10月に新しい制度をスタートし、現アニマルファミリーは平成26年度末で終了する予定です。これから新規会員を募集したとしても1年に満たない期間で終了いたしますし、できれば新たな制度に加入していただきたいので、現アニマルファミリーの募集は行いません。

 

Q2 現在、アニマルファミリー会員ですが、継続加入は可能ですか。その場合の会費はどうなるのですか。

A2 現会員の皆様につきましては、平成27年3月31日まで継続加入が可能です。

   なお、会費につきましては次のように会員区分に応じて月割計算いたします。

申込時期

有効期間

会員区分・会費の額

平成26年3月21日~

平成26年6月20日

平成26年7月1日~

平成27年3月31日

(9か月間)

大人個人(高校生以上)  1口 3,750円
こども個人(中学生以下) 1口 1,500円
法人・団体・グループ       1口 7,500円

平成26年6月21日~

平成26年9月20日

平成26年10月1日~

平成27年3月31日

(6か月間)

大人個人(高校生以上)  1口 2,500円
こども個人(中学生以下) 1口 1,000円
法人・団体・グループ         1口 5,000円

平成26年9月21日~

平成26年12月20日

平成27年1月1日~

平成27年3月31日

(3か月間)

大人個人(高校生以上)  1口 1,250円
こども個人(中学生以下) 1口  500円
法人・団体・グループ        1口 2,500円

 

Q3 現在、アニマルファミリー会員ですが、口数の変更や応援動物の変更、追加は可能ですか。

A3 現会員の皆様につきましては、口数の変更や応援動物の変更、追加は可能です。

  

Q4 なぜ、アニマルファミリーを見直すことになったのですか。

A4 平成23年度以降、会員数が一定以上増えることがなく、新規会員の割合も今年度は10%程度となり、これ以上の広がりが期待できない状況です。その主な要因は、会費の金額がやや高額であることや、会員の皆様に特典として提供できる内容にも限界があり、特典に魅力を感じて加入される方が少なくなってきていることと考えております。

 

Q5 アニマルファミリーと新しい制度を併存することはできないのですか。

A5 両制度を併存させることは、当園の負担も大きく困難と考えております。なお、アニマルファミリー終了後も、ご寄附についてはいつでもお受けいたしております。また、特典として提供していたもののうち、動物の近況をお知らせする会報は新しい制度にも引き継ぐ予定です。このほかの特典も現在検討しています。今後、新しい制度において、より多くの方にご支援をいただくことができるよう努めて参ります。

 

新しい制度に関するQ&A

Q1 新しい制度の概要を教えてほしい。

A1 新しい制度については現在開始に向けて準備を進めているところですが、次の方向で進める予定です。

① わがまちの動物園をよりよく継続していこうという思いを、企業・市民がともに共有し、自らが動物園を支えることを実感できるような制度を目指しています。

② 会費については、大幅に引き下げ、より多くの皆様が加入しやすいものにしたいと考えています。

③ 集めた会費は、動物獣舎の擬岩、擬木など多岐にわたり、動物のエンリッチメント(飼育環境の充実)のために役立て、寄附の成果が来園される皆様の目に見えるようなかたちでの使途に充てたいと考えております。

④ 特典内容については、会員への会報の提供を行い、これ以外は、現在、検討を進めております。

 

Q2 新しい制度は、いつからスタートするのですか。

A2 平成26年10月の開始を目指して準備を進めております。

 

Q3 新しい制度の告知・募集の時期はいつですか。

A3 平成26年9月頃に皆様への告知を開始し、募集開始は平成26年10月頃と考えております。

 

 

アニマルファミリーとは?(現在、募集は行っておりません

お気に入りの動物に家族のような愛着を持っていただくため、みなさまからご支援(寄付)を募る制度です。
ファミリー(支援者)からいただいた会費(寄付金)は、動物たちを育むエサ代等として使わせていただきます。
「わたしの動物を動物園に預かってもらっている」「わたしの家族に会いに動物園へ行く」と思っていただけるよう、入園者の皆様と動物園の新しい関係を提案します。

アニマルファミリー会員一覧

 

アニマルファミリーの対象となる動物たち

ホッキョクグマ「ララ」 〔絶滅危惧種〕

画像:ホッキョクグマのララクリックするとホッキョクグマの解説をご覧いただけます。

メス・1994年11月20日生
大分県別府市で生まれ、1997年から円山動物園で暮らしています。
頭がよくて警戒心が強く、やや気性の荒い美女です。
飼育下での自然繁殖が非常に難しいホッキョクグマですが、円山動物園のララはオスのデナリとの間にもうけた子供たち「ツヨシ」、「ピリカ」、「イコロ」と「キロル」、「アイラ」を立派に産み育てた経験があります。(2000年以降、国内で子供を育て上げることができたホッキョクグマは彼女だけです)まだまだ若く、これからも繁殖の期待がもてるホッキョクグマ界の希望の星です。

チンパンジー「レディ」 〔絶滅危惧種〕

画像:チンパンジーのレディクリックするとチンパンジーの解説をご覧いただけます。

メス・2006年2月26日生
円山動物園生まれ。父はトニー、母は美人と評判だったエリサ。気品ある優しい女性に育って欲しいという願いを込めて、レディと名付けられました。
2006年4月にエリサが不慮の事故で亡くなってしまい、それ以来飼育員の手で育てられてきました。
性格は几帳面で好奇心旺盛。母親似の美人に成長しています。2010年10月、4年半という歳月をかけ、遂に群れへの復帰を果たしました。

オランウータン「弟路郎」(テイジロウ) 〔絶滅危惧種〕

画像:オランウータンの弟路郎クリックするとオランウータンの解説をご覧いただけます。

オス・1997年1月26日生
釧路市動物園生まれの寂しがり屋さんで、飼育員が大好き。
非常に賢く、様々な物を使って遊びます。数年前から絵を描くことを覚え、どんどん上達しています。
優しくて力持ちの年頃の青年です。2009年5月、可愛い「レンボー」がお嫁入り。2010年5月には長男「ハヤト」が誕生しました。

ライオン「リッキー」 〔絶滅危惧種〕

画像:ライオンのリッキークリックするとライオンの解説をご覧いただけます。

オス・2002年6月24日生
富士自然動物公園出身。
2007年3月に先代のオスライオン「ジェスパ」が亡くなった数ヵ月後に円山動物園に仲間入りしました。
温和な気性のためか、姉さん女房となったティモンの尻に敷かれがちですが、仲は良いようです。
2007年11月、ティモンとの間に可愛い双子「ゆうき」と「げんき」が生まれました。ときどき子供たちと遊んだり、毛を繕ってあげたりする様子も見られました。

レッサーパンダ「ココ」 〔絶滅危惧種〕

画像:レッサーパンダのココクリックするとレッサーパンダの解説をご覧いただけます。

メス・2006年6月24日生
埼玉県こども動物自然公園生まれ。2007年10月に円山動物園にやってきました。
愛くるしさで名高いレッサーパンダの中でも、ひときわ可愛い顔立ちが評判。ちょっと切れ長の目の美人さんです。
神経質ですがそれ以上に好奇心旺盛。気の荒い一面もあります。リンゴ大好き。
2008年6月にはお婿さん「セイタ」がやってきました。出会ってから半年間は警戒心いっぱいだった2頭ですが、段々と仲良くなりました。2010年7月に「セイタ」との間に双子の「リリィ」と「ライラ」が誕生しています。

カバ「ドン」 〔絶滅危惧種〕

画像:カバのドンクリックするとカバの解説をご覧いただけます。

オス・1969年7月15日生
茨城県日立市のかみね動物園出身。1971年に来園して以来、札幌市民にはおなじみの存在です。
高齢ですが、とても丈夫で元気、しかも大食漢。おからで作ったケーキとスイカが大好き。苦手なものは寒さ。
大きな口を開けて食事したり、歯を磨いてもらったりする姿がちびっこ達に人気です。
少し頑固なお爺さんです。

マサイキリン「ナナコ」 

画像:マサイキリンのナナコ。クリックすると解説をご覧いただけます。

メス・2004年8月26日生
熊本市動植物園から、2009年10月にユウマのもとにお嫁入りしました。
小柄でとても可愛らしい女性です。来札早々にユウマと仲良くなりました。
なんと彼女は先代のメスのキリン「タカヨ」の孫です。祖母のようにたくさんの子供たちを産み育ててくれることを期待しています。

2011年6月に待望の出産。「ナナスケ」が誕生しました。これからも、火の国から雪国へはるばるやってきたナナコを応援して下さい。

 

制度内容

会員区分

大人個人(高校生以上)

1口 5,000円

こども個人(中学生以下)

1口 2,000円

法人・団体・グループ

1口 10,000円

※グループとは、家族・友人どうしなど、3名以上の個人の有志の集まり

会費の使途

全額を動物のエサ代として寄付していただく形になります。

有効期間

(1)登録口数や会員区分にかかわらず、アニマルファミリーとしての有効期間は1年間です。
(2)申込は随時受付いたしますが、申込された時期(会費納入完了時)により、有効期間は下記のとおりとなります。

申込時期

有効期間

4月1日~6月20日

7月1日~翌年6月30日

7月1日~9月20日

10月1日~翌年9月30日

10月1日~12月20日

翌年1月1日~12月31日

1月1日~3月20日

4月1日~翌年3月31日

特典

会員個人

2口以上ご登録の場合、円山動物園招待券(無料入園券)を進呈。(1口増えるごとに2枚)

法人・団体・グループ会員

(1)円山動物園招待券(無料入園券)を一口当たり5枚進呈。(最高100枚まで)
(2)3口以上ご登録の場合は、園内に団体名と口数を掲示します。
(3)会員期間中に限り、登録者が発行する印刷物や商品、ホームページ等に「私たちは円山動物園を応援しています」と表示できます。

共通

(1)アニマルファミリー会員証を発行します。
(2)ニュースレターやメールで動物の近況をお知らせします。
(3)登録者の氏名を円山動物園公式ホームページへ掲載します。(希望者のみ。氏名・市区)
(4)支援動物のお誕生会や感謝イベントにご招待します。(会員限定。法人・団体・グループ会員は1口につき3名まで参加可)

その他

園内のオフィシャルショップにて、会員証提示で一割引きになります。

ご注意

(1)ファミリー特典をお受けになる場合は、会員証をご掲示ください。
(2)有効期間中、支援動物の種類や会員区分の変更は原則お受けできません。口数の追加や新たに動物の別の動物のファミリーとなる場合は、改めて申し込みが必要です。
(3)納付された会費は、理由の如何にかかわらず払い戻しいたしません。
(4)申込後、納付期限までに納付が確認されない場合は納付確認の連絡をさせていただく場合がございます。
(5)合計5万円以上の申込みによる会費納付があった際は、札幌市表彰基準による”感謝状等の贈呈”の対象となりますが、当園から5万円以上の寄付をいただいた会員様への感謝の気持ちを込めて招待券を口数に応じ追加して贈呈をさせていただきますので、これを感謝状に代えて贈呈することをご了承ください。

 

 お問い合わせ先

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1 札幌市円山動物園経営管理課経営係
電話:011-621-1426
FAX:011-621-1428

 

 

円山動物園のトップへもどる

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428