• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > イベントカレンダー > 夏の特別展「もう増やさないで!北海道の外来生物展」を開催します

ここから本文です。

更新日:2017年8月6日

夏の特別展「もう増やさないで!北海道の外来生物展」を開催します

円山動物園では、野生動物の保護活動や環境保全活動を進め、「人と動物と環境の絆をつくる動物園」を目指し、動物の飼育と展示を通じて環境教育を進めています。
その一環として、小・中学生の夏休み期間中、夏の特別展「外来生物展」を開催します。
北海道にいる外来生物たちを生でご覧いただくことによって、外来生物がもたらす問題を学んでいただき、これ以上増やさないように行動しようと考えていただける場にしたいと思っています。
ぜひご家族やお友達同士で足をお運びください。

■キックオフイベント
専門家による講演会
 日時 平成29年8月5日 13時00分
 テーマと講師
 ①「動物園で学ぶ!北海道の外来種問題」
  なぜこのような企画展が今必要なのか?北海道が今抱えている外来種問題について、本企画展の趣旨を説明します。
   演者:吉田剛司(酪農学園大学 教授)
 ②「飼育員が伝授!ペットと外来爬虫類の問題」
  近年、増加している爬虫類のペット化。その危険性や問題点について、現役の動物園スタッフが紹介します!
   演者:本田直也(札幌市円山動物園)
 ③「触って聞いて!札幌市内の外来カエルについて」
  こんなカエル、見たことありませんか?最近、じりじりと札幌市内で分布を拡大している外来カエルについて、実際にカエルに触りながら紹介します。
   演者:鈴木あいり(酪農学園大学大学院生)
 ④「触って知って!札幌市内のアメリカザリガニ問題」
  “身近な生き物”って、何でしょう?札幌市内の河川域に普通にいるアメリカザリガニ。どうして市内の河川にいるのか、
  何が問題なのか、ザリガニに触りながら学びましょう!
   演者:更科美帆(酪農学園大学 特任助教)

■常時開催内容
(1) 生態展示
  爬虫類:ミシシッピアカミミガメ、クサガメ
    両生類:トノサマガエル、ツチガエル、アズマヒキガエル、ウシガエル
    魚類:タイリクバラタナゴ、グッピー、ナマズ、ニジマス、ライギョ
    甲殻類:ヌマエビ、アメリカザリガニ、ウチダザリガニ
    軟体動物:マダラコウラナメクジ
(2) パネル展示
(3) ふれあいコーナー(アメリカザリガニ、カブトムシ等)

■共済・協力
共済:酪農学園大学 協力:豊平サケ科学館

外来生物展

ウチダザリガニ

カブトムシ

日時

2017年8月5日(土曜日)~2017年8月20日(日曜日)  

9時30分~16時30分
※「夜の動物園」開催日は21時00分まで。開催日は8月11日、12日、13日、18日、19日。

場所

名称 円山動物園内 科学館ホール(正門から入って左側の建物)
所在地 中央区宮ヶ丘3-1
電話番号 011-621-1426
ファクス番号 011-621-1428

申込み先

名称 円山動物園内 科学館ホール
所在地 中央区宮ヶ丘3-1
電話番号 011-621-1426
ファクス番号 011-621-1428

料金

入園料600円(中学生以下無料)

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428