ここから本文です。

更新日:2018年11月23日

エゾアカネズミ

エゾアカネズミ

*ネズミ目

(齧歯目)
Rodentia

*英名
Large Japanese Field Mouse

*学名
Apodemus speciosus ainu

分布

アカネズミは日本固有種で、日本全域に生息しています。

低地から高山帯までの森林や田畑のあぜ、川原のやぶ等に生息します。

特徴

エゾアカネズミは本州産の個体に比べると一回り大きいところが特徴です。

夜行性で地表を中心に活動をし、岩陰等の狭い空間を好み、食物をそのような所へ運んで、前足で持ちながら食べます。

クルミを食べる時は殻に2つの穴を開けて中身を食べるため、特徴のある食痕が残ります。

秋にはドングリやクルミを巣穴や岩陰等の狭い空間や地中に貯蔵する習性があり、後足の筋肉が発達していて、行動範囲は1日あたり数㎞にわたるといわれています。

食性 植物の種子や根茎、昆虫等
寿命 野生下:約1~3年 飼育下:約1~3年

こども動物園の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428