• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > アフリカゾーン > サーバルキャットのポッキーが亡くなりました(第一報)

ここから本文です。

更新日:2017年10月28日

サーバルキャットのポッキーが亡くなりました(第一報)

サーバルキャットポッキー

 10月27日にサーバルキャットの「ポッキー」(オス、推定24歳以上)が亡くなりましたのでお知らせいたします。

 「ポッキー」は平成6年6月に推定年齢1歳以上で円山動物園に来園しました。 

 飼育下での平均寿命が20歳程度と言われる中、24年以上生きた ポッキーは国内最高齢であり、慢性腎疾患を患いながらも食欲旺盛で、日々元気に過ごしておりました。

 今年7月には一時起立困難な状態に陥りましたが、驚異的な回復力を見せ、ややふらつきながらも自由に動き回れるまでになっていました。

 しかしながら、9月頃から徐々に足取りが心もとなくなり、10月4日には左臀部付近に傷が出来てしまいました。その後、歩行も困難となってしまったことから、10月22日からは餌を与える際に介添えする等して介抱を行っていました。

 10月25日の午後からは、更に全身の容態が悪化したため、園内動物病院のICUにて酸素補給等を行っておりましたが、10月27日7時50分、獣医師が死亡を確認しました。

 なお、11月16日(木)まで、ポッキーを偲んで動物園センターに献花台を設置いたします。

 また、解剖結果が判明次第、詳細を改めてお知らせいたします。

■個体情報

来園年月日:平成6年6月2日(来園時推定年齢1歳以上)

死亡年月日:平成29年10月27日

享年:24歳以上(国内最高齢)

死因:調査中

 

■ 既往歴と死亡に至るまでの経緯

平成25年7月

 慢性腎疾患と診断。以降腎臓に負担の少ないエサに切り替える。

平成29年7月

 歩行中のふらつきが悪化し、一時起立困難となるが、補液(点滴)と抗生剤を投与したところ5日程度で回復し、ふらつきは残るものの自由に歩き回るようになる。

平成29年9月

 足取りが徐々に心もとなくなり、獣舎の壁や置石に身体をこすりつけて支えながら歩くようになる。

10月4日 

 左臀部に外傷確認。軟膏を塗布するものの舐めとってしまう。獣舎点検を行い、歩く際の支えとして身体をこすり付けている置石等の角を滑らかにする。

10月5日~ 

 軟膏を塗り続けるが、舐めとってしまうため出血を繰り返す。ポッキーの動きを見ながら、獣舎の段差解消や滑り止めシートの設置、寝台の高さ調整等を実施。

10月22日 

   朝から体温低下し、立ち上がれなくなる。身動きできないものの、餌を口元に持って行くと食べる。

 以降、立ち上がれない状態が続くが食欲はあるため1日5回程度に分けて介添えしながら餌を与える。

10月25日 

 採食量が落ち、わずかに口に含んだ肉も飲みこめなくなる。呼吸が速い状態が続くため、夕方から園内動物病院ICUに入院

10月27日7時50分 

 獣医師が死亡を確認

 

■ 繁殖歴

平成12年4月17日、プリッツとの間に2頭の子(マーブルとクッキー)をもうける。

 

■ 円山動物園のサーバルキャットの飼育状況

  エン(メス)平成27年4月3日生まれ

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428