• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > アフリカゾーン > グラントシマウマ > 東武動物園からグラントシマウマのメスが来園しました

ここから本文です。

更新日:2017年10月19日

東武動物園からグラントシマウマのメスが来園しました

シマウマメス

  この度、アフリカゾーン「カバ・ライオン館」に、東武動物公園からグラントシマウマの「チョビミミ」(メス/2歳)が来園しましたのでお知らせします。

「チョビミミ」は輸送中にややすり傷を負ったものの、到着直後からエサを食べたり、隣にいるオスの「DJ」に寄っていったりと、落ち着いた様子でおります。

 なお、一般公開は新しい獣舎に馴れてからとなりますので、いましばらく時間がかかります。

 また、当面の間、カバ・ライオン館を閉鎖させていただきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

【今回来園した個体】

 愛称:チョビミミ(母親の名前が「チョビン」であることにちなんで)

 性別:メス

 生年月日:平成27年(2015年)3月14日(東武動物公園(埼玉県)生まれ)

【一般公開予定日】

 現時点では未定です。公開の目途がつきましたら、改めてお知らせいたします。

【シマウマ 豆知識】

 分類: ウマ目(奇蹄目)ウマ科
 アフリカのサバンナで群れをつくって生息する。ライオンなどの肉食動物に追いかけられると時速60km位のスピードで逃げることができる。グレビーシマウマなど他の種類のシマウマと比べてシマの本数が少なく、また、間隔が広いのが特徴である。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428