ここから本文です。

更新日:2019年10月29日

エランド「コペル」の移動について

エランドのコペル

エランドの「コペル」

  アフリカゾーン カバ・ライオン館で飼育中のエランドの「コペル」(オス1歳)が、繁殖のため伊豆アニマルキングダムに転出することになりました。

 「コペル」は2018年7月に父「プッチョ」、母「オペル」との間に生まれ、以来元気に育っておりますが、最近は体も大きくなり、母との交配の恐れもあることから、親子を分けて飼育をしておりました。こうした中、伊豆アニマルキングダムから「コペル」の借り受けの申し出があったため、このたび転出することとなりました。

 伊豆アニマルキングダムでは、サファリ形式のエリアでムフロン、シマウマ、ダチョウなどとともに暮らしながら、繁殖を目指す予定です。

 新たな場所に転出しても、元気に暮らし、たくさんの子孫を残してくれることを期待しています。

1 転出について

 (1) 転 出 先: 伊豆アニマルキングダム

 (2) 転出予定日: 2019年11月7日(木曜日)閉園後

 ※11月7日(木曜日)をもって、「コペル」の展示は終了いたします。

 (3) 転出目的: 繁殖を目的としたブリーディングローン(繁殖貸与)

 (4) 転出個体: 「コペル」(オス1歳) 2018年7月21日円山動物園生まれ

 (5) その他

 カバ・ライオン館1階に、寄せ書きノートを設けます。「コペル」が旅立つにあたり、皆様からのメッセージをお願いいたします。

 設置期間:2019年10月29日(火曜日)から11月7日(木曜日)まで



【エランド 豆知識】

 ウシ目ウシ科 学名:Taurotragus oryk

 オランダ語でヘラジカを意味するEland が語源である。レイヨウ類の中でも最大の動物で、オオカモシカ等と呼ばれることもある。
 水分の多いエサのあるところでは、長時間水を飲まなくても生活することができる。昼行性だが、暑い昼間はあまり行動しない。
 雌雄とも65cmほどの角を持ち、2回転ほどして真っ直ぐに伸びている。雌の角は雄のものよりもやや細くて長い。のどの下に皮膚の垂れ下がった部分があり、先には長い毛が生えている。雄は額の毛が長く伸び、その毛を自分の尿で濡らすことがある。
 乾燥した環境を好み、草原や半砂漠地帯に数~数十頭の群れで棲む。また、1年を通して長距離を移動するため、決まった縄張り等は見られない。跳躍力にも優れていて、2mほどの高さのものなら跳び越えることができる。

生まれて1週間ほどの「コペル」

生まれて1週間ごろの「コペル」

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428