• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 施設一覧 > 土木センター > 冬みちアドバイザー認定講座

ここから本文です。

更新日:2014年4月4日

冬みちアドバイザー認定講座

 この講座は、子どもたちに冬みちについて大切な情報を身につけてもらうとともに、それを身近な人たちに伝え広げていってもらおうと、区の土木センターが企画した取り組みです。
 冬みちについて学んだ子どもたちを「冬みちアドバイザー」に認定し、紙芝居「おうち講座」を使って家族に習得した知識を伝えていってもらいます。

 子どもたちは、雪が降る仕組みや除雪と排雪の違い、除雪機器の種類などをクイズを交えて学び、「スクールゾーン危険場所マップ」の作成や、除雪の苦情対応など体験します。

 子どもたちが、地域の大きな課題である雪について学んだ知識を大人も伝え聞いたり、吸収したり、雪や冬みち生活への理解が深まることは、自立した札幌人の育成にも繋がると考えています。

 平成25年度は、これまでも出前講座の申し入れがあった豊平小学校6年生(63人)が参加して、12月と1月に2回の出前講座を実施しています。また、今後も同様の取り組みを継続していく予定です。

 

冬みちアドバイザー認定講座の流れ

 

1.第1回冬みちアドバイザー認定講座(平成25年12月18日)

 冬みちアドバイザー講座の様子

 授業参観にあわせて行われた第1回目は「雪の基礎講座」として、雪が降る仕組みや除雪と排雪の違い、除雪機械の種類などを学びました。また、事前に配布された子ども向け雪の絵本「雪のプレゼント」の中からクイズを出題。しっかり予習をしてきた児童たちは元気よく回答し、保護者たちもうなずきながら解説に聞き入っていました。

 詳しくは当日の地区ニュースのページをご覧ください。

 

 

 

 

2.第2回冬みちアドバイザー認定講座(平成26年1月28日)

認定書授与

 最終回の第2回目は、2つの実習講座「スクールゾーン危険場所マップ」と「除雪説明体験」を終えたのち、区長から『冬みちアドバイザー認定証』が授与されました。

 「スクールゾーン危険場所マップ」では、事前に調べてきた危険箇所をマップに書き込み冬みちの情報を共有しました。

 「除雪説明体験」では、苦情を言う要望者とそれを受けて説明する市職員側を交互に体験し、それぞれの立場で協力し合うことの必要性を学びました。

 今後、冬みちアドバイザーは紙芝居(PDF:8,434KB)を使って、身の回りの人たちに冬みちの情報を伝えます。

 詳しくは当日の地区ニュースのページをご覧ください。

 

3.冬みちアドバイザー認定講座アンケート結果

 今回の取組みについて、講座を受講した小学生や紙芝居を見たおうちの方からアンケートをいただきましたので、その一部を紹介いたします。

 詳しくは、冬みちアドバイザー認定講座のアンケート結果(PDF:77KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区土木部維持管理課

〒062-0033 札幌市豊平区西岡3条1丁目8-20

電話番号:011-851-1681

ファクス番号:011-854-4217