• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2019年の地区ニュース > 2019年11月 > 月寒小学校で「除排雪についての雪体験授業」を開催

ここから本文です。

更新日:2019年11月25日

月寒小学校で「除排雪についての雪体験授業」を開催

2019年11月20日

札幌の冬の暮らしを学ぼう
月寒小学校で「除排雪についての雪体験授業」を開催

クイズに回答する児童たちの様子 試乗体験の様子1

 11月20日(水曜日)午前10時45分から、月寒小学校〔豊平区月寒西2条5丁目、小野寺伴幸(おのでら・ともゆき)校長〕で、4年生の児童89人が「除排雪についての雪体験授業」に参加した。

 この授業は、将来のまちづくりを担う子どもたちに、札幌市の雪対策や冬の暮らしに関心を持ち、除雪への理解を深めてもらうことを目的に、平成27年度から「冬みち地域連携事業」の一環として各区の土木センターが実施しているもの。

 まず、児童たちは、写真やイラストを見ながら、札幌市の降雪量が多い理由、除雪と排雪の違い、除雪センターの業務などについて学んだ。

 授業はクイズ形式で進められ、自分たちの冬の暮らしに直結する雪に関する質問とあって、どの児童も積極的に手を挙げて答えていた。土木センターの職員が札幌市の除排雪作業に必要な費用や作業員の人数を紹介すると、児童たちはその数字の大きさに驚きながらも、真剣に耳を傾けていた。

 その後、校舎の前庭に移動し、除雪車の試乗体験が行われた。児童たちは、一人一人、除雪車の運転席に座り、運転席からの死角について説明を受けながら、実際に自分の目で確認し、作業中の除雪車に近寄ることの危険性を学んだ。また、普段、なかなか近くで見ることができないとあって、大きなタイヤに直接触れてみたり、除雪車の下をのぞき込んでみたり、興味深く観察していた。

 授業を終えた児童たちは、「自分が住む札幌の雪のことがよくわかった」、「除雪車が思った以上に大きかった」、「除雪車に乗って楽しかった」などと、思い思いの感想を話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603