• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2019年5月 > レバンガ北海道とエスポラーダ北海道の選手が植花活動に参加

ここから本文です。

更新日:2019年6月3日

レバンガ北海道とエスポラーダ北海道の選手が植花活動に参加

2019年5月29日

スポーツチームが花で来場者をおもてなし!
~レバンガ北海道とエスポラーダ北海道の選手が植花活動に参加~

花植え作業開始前の選手ら 北海きたえーる職員と協力して花植えを行う選手ら

 5月29日(水曜日)午前10時から、北海道立総合体育センター「北海きたえーる(豊平区豊平5条11丁目)」を拠点に活動しているプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」と、フットサルチーム「エスポラーダ北海道」の選手らが、北海きたえーる前での植花活動に参加した。

 この活動は、豊平区を訪れる方への「おもてなし」に力を入れる豊平区が企画をしたもので、同施設を訪れる方を花でもてなそうと地域関係者とスポーツチームが連携した取り組みとして、2016年から実施しているもの。今年で4回目を迎えた。

 この日は、レバンガ北海道の牧全(まき・ぜん)選手、中野司(なかの・つかさ)選手、エスポラーダ北海道の坂桂輔(さか・けいすけ)選手、松野史靖(まつの・ふみや)選手の4人と地元町内会の皆さんをはじめ、施設関係者など総勢20人以上が活動に参加した。

 好天に恵まれた陽気の中、選手らは北海きたえーる前の植樹ます計10か所に、アリッサムとマリーゴールドの花180株を丁寧に植え込み、花壇は白、黄、オレンジと色鮮やかに彩られた。

 3回目の参加となったレバンガ北海道の牧選手は「いつも試合をしている『きたえーる』前がきれいになり、大勢のファンの皆さんも集まってくれてうれしかった」と語り、初参加のエスポラーダ北海道の坂選手は「花植えは小学生の時以来でしたが、このようなイベントを通して地域に貢献ができて良かった」と話していた。

町内会員と協力して花植えを行う選手ら 作業終了後の記念撮影

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603