• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2018年の地区ニュース > 2018年2月 > 豊平区ネットワーク会議 全体会議

ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

豊平区ネットワーク会議 全体会議

2018年2月20日

「おもてなし」をもっと普及するためには
豊平区ネットワーク会議 全体会議

 ネットワーク会議1ネットワーク会議2

 2月20日(火)午後2時から、豊平区民センター(豊平区豊平6条10丁目)で、「豊平区ネットワーク会議 全体会議〔中川昭一(なかがわ・しょういち)議長〕」が開催され、町内会役員や各種団体の関係者など約50人が参加した。

 豊平区ネットワーク会議は、地域住民と行政などの関係機関が連携して、安心安全なまちづくりを進めることを目的に平成23年に設置されたもので、豊平区の区民協議会として位置付けられている。

 会議の冒頭、中川議長から「平昌オリンピックも盛り上がっており、アップルスマイル大使の藤本那菜さんが活躍しているのが、豊平区民としてとてもうれしい。今日は、おもてなしの取り組みや防災、交通安全の取り組みを中心に報告していきたい」とあいさつがあった。

 議題では、まず平成29年度の「おもてなし」の取り組みが報告された。「アップルスマイル」と「おもてなし憲章」の普及活動として、アップルスマイルのステッカーを区内の商店街や平岸ハイヤー株式会社へ配布し、PRを依頼したことや、憲章が書かれた啓発用の巻物ボールペンを製作したことが説明された。

 そのほか、地域のおもてなし活動として、各地区の行事の際にアップルスマイルがデザインされたのぼりやジャンパーなどが製作されたことや、区内の児童会館や少年消防クラブの子どもたちで結成されたアップルスマイルキッズが行事に参加した様子が報告された。

 続いて「防災部会」から平成29年度の活動として、福住地区で開催した「豊平区防災訓練」、防災体験プログラム「イザ!カエルキャラバン!」などの取り組みが報告された。また、各町内会連合会で行われた自主防災訓練や研修の様子も当日の写真とともに報告された。

 質疑応答では、ストップマークについて「区から配布される枚数に制限があるが、雪解けとともに消えてしまうので張り替えると足りなくなる場合がある。枚数制限を緩和するなど検討してほしい」と意見があった。

ネットワーク会議3

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603