• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年の地区ニュース > 2017年12月 > 鉄一が里とよひら塾3講目「留学生と料理交流会」開催

ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

鉄一が里とよひら塾3講目「留学生と料理交流会」開催

2017年12月7日

食を通じて留学生と交流しよう!
~鉄一が里とよひら塾3講目「留学生と料理交流会」開催~

留学生料理1留学生料理2

  12月7日(木)10時から、豊平会館(豊平区豊平6条7丁目)で、「留学生と料理交流会」が開催され、地域住民と留学生ら25人が食文化交流を楽しんだ。

 これは、地域の活性化を図ることを目的に活動しているまちづくり団体「フロンティア豊平21」が実施している講座「鉄一が里とよひら塾」の一環として、札幌在住の留学生たちと一緒に各国自慢の家庭料理を作ることで、食文化の交流を深めようと開催されたもの。

 この日、講師を務めたのは札幌留学生交流センター(豊平区豊平6条6丁目)の留学生、中国出身の劉詩芸(リュウ・シゲイ)さんと周唯(シュウ・イ)さん、韓国出身のファン・サンギョンさん、ナイジェリア出身のズィポラ・マシュー・サンボさんの4人。

 参加者は3つのグループに分かれ、ナイジェリアの「ジョロフライス(西アフリカ風ピラフ)」、韓国の「オジンオ ボックン(イカのピリ辛炒め)」、中国の「ガンゴーシャア(エビの汁なし鍋)」の3品を教わりながら料理した。

 また、豊平地区食生活改善推進員協議会の中本陽子(なかもと・ようこ)さんも講師として参加し、日本人の長寿を支える伝統文化である和食として「ぶどう入り求肥」を紹介し、参加者全員で調理した。

 全ての料理が完成した後に行われた試食会では、料理の感想や食文化の違いなどについて会話を弾ませながら、和やかな雰囲気で食事を楽しんだ。

留学生料理3留学生料理4

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603