• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年の地区ニュース > 2017年12月 > 西岡北中学校がとよひらまちづくりパートナーに登録

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

西岡北中学校がとよひらまちづくりパートナーに登録

2017年12月25日

中学校初のとよひらまちづくりパートナー!
~西岡北中学校がとよひらまちづくりパートナーに登録~

西岡北中1西岡北中2

  12月25日(月)午前11時30分から、西岡北中学校(豊平区西岡3条8丁目)、(須藤勝也(すどう・かつや)校長)で、同校への「とよひらまちづくりパートナー登録証手交式」が行われた。これは、多様な担い手によるまちづくりの推進を目的として、企業などが地域のまちづくり活動に参加する「とよひらまちづくりパートナー制度」に、同校が39団体目として登録したことによるもの。中学校がとよひらまちづくりパートナーとなるのは初めて。

 同校では、これまでも地元西岡地区の高齢者宅の除雪ボランティアへの参加や、学校周辺の清掃活動の実施のほか、西岡町内会連合会(押木正康(おしき・まさやす)会長)の町内会役員と町内会活動をテーマにした座談会を開催するなど、地域のまちづくりに積極的に参加してきた。今後はよりいっそう地域と学校の絆を深めていこうと、今回とよひらまちづくりパートナー制度に登録することとなった。

 豊平区では、中学校に「とよひらまちづくりパートナー」に登録してもらうことで、地域のまちづくり活動に取り組む中学生の姿を積極的にPRしていくとともに、今後もまちづくり活動への参加を継続的に行ってもらうことを狙いとしている。

 登録証の手交式は、終業式の場で行われ、全校生徒が見守る中、西田健一(にしだ・けんいち)豊平区長から生徒会長の米澤裕二(よねざわ・ゆうじ)さんへ登録証が渡された。米澤さんは「今後も除雪ボランティアなどを予定しています。これからも町内会のみなさんとの関係を深めてより良いものにしていきましょう」と意気込みを語り、押木会長は「いつも町内会の仕事を手伝ってくれて感謝しています。一緒に町内会活動をすることで、西岡に住んで良かったと思ってくれるとうれしい」と今後の活動に意欲を見せていた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603