• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年9月 > 「豊平・東札幌地区合同防災訓練」開催

ここから本文です。

更新日:2017年9月13日

「豊平・東札幌地区合同防災訓練」開催

2017年9月9日

区の垣根を越えて近隣地域で一致団結! 
豊平・東札幌地区合同防災訓練」開催

豊平地区合同防災訓練1豊平地区合同防災訓練2

  9月9日(土)午前9時から、東園小学校(豊平区豊平1条12丁目)で「豊平・東札幌地区合同防災訓練」が開催され、豊平及び東札幌地区をはじめ、豊平消防署、豊平消防団、水道局、学校など各機関の関係者、児童など約200人が参加した。

 これは、豊平区と白石区の区境に位置する東園小学校が「基幹避難所」に指定されるため、日ごろ区単位で活動している近隣住民が円滑に連携し、迅速かつ的確な避難者対応と避難所開設ができるよう、豊平地区町内会連合会と東札幌町内連合会が主体となって実施したもの。豊平区と白石区での初めての合同訓練となる。

 まず、体育館に参加者が集まり、豊平町内会連合会の中川昭一(なかがわ・しょういち)会長と東園小学校の松田昭雄(まつだ・あきお)校長からの挨拶のあと、真冬の札幌で震度7の直下型地震を想定した映像を見ながら、厳冬期の災害の特徴や日ごろの備えの重要性を改めて認識した。
 その後、参加者は、いざという時に密に協力し合える体制をつくるため、実際の避難所運営の役割ごとに、総務、名簿、情報、食料物資、施設管理、救護、衛生の7つのグループ分かれて、訓練に臨んだ。

 校舎内を見学し、教室の配置などを確認したほか、体育館では、段ボールベッドの組立方法、毛布を利用した簡易担架の作り方、心臓マッサージとAEDの使用手順などを学んだ。

 また、グラウンドには、消防車と給水タンク車が配備され、白い煙が充満するテントの通り抜け、臨時に設置した給水栓からの給水体験、バケツリレーや水消火器による初期消火訓練なども行った。
 特に、バケツリレーでは、水をこぼさないようにお互いに声を掛け合いながらバケツを手渡し、区の垣根を越えた共同作業で交流を深めていた。

 好天にも恵まれ、予定していた訓練メニューを全て終え、最後に、東札幌町内連合会の柴元博(しば・もとひろ)会長の講評で幕を閉じた。

豊平地区合同防災訓練3豊平地区合同防災訓練4

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603