• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年の地区ニュース > 2017年3月 > 第15回とよひら子どもユメひろば開催

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

第15回とよひら子どもユメひろば開催

2017年2月25日

目指せ化石博士!
~第15回とよひら子どもユメひろば開催~

型を取る準備をする様子 親指の型を取るためじっと待つ子どもたち

 2月25日(土曜日)午前10時から、札幌市博物館活動センター(豊平区平岸5条15丁目)で、「とよひら子どもユメひろば~化石博士への道~」が開催され、豊平区内の小学校に通う子どもたち11人が、学芸員の仕事を体験した。

 「とよひら子どもユメひろば」は、豊平区の子どもたちに「仕事」に関する知識や面白さを伝えるため、HTBの連携協力を受け、豊平区が主催しているもの。

 これまでにも、さまざまな職業の方を講師として迎えてきたが、15回目となる今回は、同センター学芸員の古沢仁(ふるさわ・ひとし)さんが仕事の魅力を紹介した。

 初めに、学芸員の仕事内容について話があった後、実際の学芸員の仕事体験としてレプリカ(複製)製作に挑戦。今回は身近な題材として自身の親指のレプリカ製作を行った。

 レプリカ製作は子どもたち全員が初体験であったが、古沢さんの丁寧な指導の下、専用の材料を混ぜ合わせるなど熱心に作業を進めた。「指の型をきれいに取るために、材料に指を入れた後は3分以上はじっと動かないように!」という注意事項に子どもたちは苦労した様子であったが、なんとか型を取り終えると安堵の表情を見せていた。

 その後、型に石こうを流し込み、数十分後に出来上がった作品には、子どもたちそれぞれの爪や指紋がくっきりと写し取られており、子どもたちは「すごくリアル!」などと興奮した様子でレプリカを眺めていた。

 また、石こうを固めている間には、古沢さんの過去の化石調査での体験談や、実際に発掘した化石が披露され、「小学生時代に学ぶ勉強や社会的能力は、大人になってからとても重要なことだとわかります。楽しみながら勉強に励んでください。」と子どもたちに語り掛けていた。

化石を手に札幌の歴史を話す古沢さん 出来上がった親指のレプリカ

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603