• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年の地区ニュース > 2017年3月 > 「とよひらスポーツ応援隊」参加者事前説明会・団結式

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

「とよひらスポーツ応援隊」参加者事前説明会・団結式

2017年2月12日

いよいよ冬季アジア大会開幕!応援隊の力で盛り上げよう!
~「とよひらスポーツ応援隊」参加者事前説明会・団結式~

競技体験会の様子 競技体験会の様子

 2017冬季アジア札幌大会の開幕まであと7日に迫った2月12日(日曜日)の午前10時から、豊平区民センター大ホール(豊平区平岸6条10丁目)で、「とよひらスポーツ応援隊」参加者事前説明会・団結式が開催され、参加する親子40人が同大会の成功と応援隊の結束を祈願した。

 とよひらスポーツ応援隊は、同大会のうち、豊平区内に会場があるカーリング、バイアスロン、アイスホッケーの3競技や、札幌ドームでの開会式を豊平区民の応援で盛り上げていくために結成された区民応援団で、親子25組50人で構成されている。アジア各国を代表するアスリートの熱気や迫力を間近で感じてもらい、ウインタースポーツの楽しさや魅力を知ってもらいたいと豊平区が企画した。

 この日はまず、豊平区が独自に作成した観戦ガイドブックをもとに、各競技の説明会が行われた。一般社団法人札幌カーリング協会、北海道バイアスロン連盟、一般財団法人札幌アイスホッケー連盟の各競技団体関係者から、それぞれのルールや見どころ、観戦時の注意点が解説されると、親子らは高い関心を寄せ、講師の話に耳を傾けていた。

 続いて、観戦本番を前に、より競技を知ってもらうため、各競技の体験会を実施。フロアカーリング、レーザー銃を使ったバイアスロン射撃、アイスホッケーのパック打ちに挑戦した親子らは、初めて触る道具や初めて体験する競技に慣れない様子であったが、終了後には「射撃が的に当たった!」「アイスホッケーやカーリングって氷の上だからすごく難しそう」などの声が聞かれ、楽しみながら体験を終えた様子であった。

 最後には、参加者全員で本番に向けた意欲を高めるため、団結式を実施。豊平区が推進する「おもてなし」のシンボルマーク、「アップルスマイル」がデザインされたおそろいの赤い法被を着用し、とよひらスポーツ応援隊の名誉隊長、三井一敏(みつい・かずとし)豊平区長の掛け声とともに、「頑張るぞ!オー!」と高らかに拳を突き上げ、一丸となって盛り上げる決意を固めていた。

 なお、この法被は観戦時も着用予定となっている。

競技体験会の様子 団結式の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603