• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年の地区ニュース > 2017年1月 > 豊平小学校「ころばーずボトル」作成体験授業

ここから本文です。

更新日:2017年2月1日

豊平小学校「ころばーずボトル」作成体験授業

2017年1月31日

ツルツル路面への強い味方!オリジナルころばーずボトル!
~豊平小学校「ころばーずボトル」作成体験授業~

ボトルに砂を詰める様子 ボトルに砂を詰める様子

 1月31日(火曜日)午前10時45分から、豊平小学校〔川嶋英輝(かわしま・ひでき)校長〕で、3~4年生を対象とした「ころばーずボトル」作成体験授業が行われ、3年生児童60人、4年生児童76人の合わせて136人が参加した。

 「ころばーずボトル」とは、凍った冬道での転倒などを防ぐ滑り止め用の砂を、500ミリリットルのペットボトルに詰め替えたもの。道路脇に設置された砂箱に入っている3キログラム入りのビニール袋よりも持ち運びに便利で、路面にまきやすいため、小学生やお年寄りでも簡単に使うことができる。

 この日、児童らは1クラスごとに体育館に集合し、豊平区土木部維持管理課の芦名知幸(あしな・ともゆき)冬みち地域連携担当係長の指導の下、ペットボトルを切って作られたスコップと漏斗(じょうご)のようなものを使って、持参した2本のペットボトルに次々と砂を詰めていった。

 また、理科室では、「ころばーずボトル」に貼り付けるシール作りが行われ、各自が色とりどりのペンで自由に描いた絵と、豊平区キャラクターの『こりん』の絵に色付けをした2種類のシールを作成した。

 完成したオリジナルの「ころばーずボトル」は、児童が各家庭に持ち帰り、これからの時季に家族で活用してもらう予定となっている。

 作成体験を終えた4年生の女子児童は、「うまくシールを作れました!今日の帰り道さっそくまこうと思います!」と感想を話してくれた。

シール作成の様子 出来上がった「ころばーずボトル」

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603