• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年の地区ニュース > 2017年1月 > レバンガ北海道豊平区民応援デー開催

ここから本文です。

更新日:2017年2月2日

レバンガ北海道豊平区民応援デー開催

2017年1月22日

豊平区民と道内ご当地キャラクターがレバンガを応援!
~レバンガ北海道豊平区民応援デー開催~

サポーター入場時に出迎えるご当地キャラクター にぎわいを見せる特産品販売コーナー

 1月21日(土曜日)および22日(日曜日)、北海道立総合体育センター「北海きたえーる」(豊平区豊平5条11丁目)で開催されたレバンガ北海道対滋賀レイクスターズ戦に、レバンガ北海道豊平区民応援デーとして豊平区民200人が招待され、大きな声援を送った。

 レバンガ北海道豊平区民応援デーとは、豊平区の「スポーツ・文化環境を活かしたまちづくり」の一環として企画されたもので、レバンガ北海道が豊平区民各日50組100人を無料招待するというもの。

 今回の応援デーでは、札幌市が取り組む道内連携企画の一つとして、道内市町村の特産品販売コーナーが設けられ、札幌市豊平区のほか、夕張市、恵庭市、新篠津村、真狩村、余市町、東川町、羽幌町の7市町村が参加し、各地の特産品やオリジナルグッズを販売した。さらに、各地の特産品や豊平区出身の西川貴之(にしかわ・たかのぶ)選手のサイン入りボールなどが当たる抽選会を実施。販売コーナーは多くの来場者でにぎわいを見せていた。

 併せて、2月19日(日曜日)から開幕する「2017冬季アジア札幌大会」の応援企画として、来場者からの応援メッセージを募集した。メッセージは、写真とともに豊平区のシンボルであるリンゴの木の形をしたメッセージボードに掲示され、同大会期間中、会場の一つである月寒体育館(豊平区月寒東1条8丁目)に展示される。来場者は楽しそうな雰囲気で「頑張れ日本!」「目指せ金メダル!」などさまざまなメッセージを書き込み、大会を心待ちにしている様子だった。

 会場には、豊平区のキャラクター『こりん』『めーたん』に加え、道内8町村(当別町(21日のみ)、新篠津村、せたな町、真狩村、余市町、浦臼町、東川町、羽幌町)のご当地キャラクターも応援に駆け付け、レバンガ北海道のマスコットキャラクター『レバード』とともに、来場者の入場時やハーフタイムに登場して来場者と触れ合っていた。また、試合開始前にはコートに登場し、キャラクター同士のバスケットボール大会や選手とのハイタッチなどで観客席を大いに盛り上げていた。

にぎわいを見せる特産品販売コーナー 「2017冬季アジア札幌大会」応援メッセージ募集の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603