• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2016年の地区ニュース > 2016年3月 > 豊平区ネットワーク会議「おもてなし部会」第2回ワーキンググループ会議開催

ここから本文です。

更新日:2016年3月30日

豊平区ネットワーク会議「おもてなし部会」
第2回ワーキンググループ会議開催

2016年3月22日

豊平区らしい「おもてなし」って何?
~豊平区ネットワーク会議「おもてなし部会」第2回ワーキンググループ会議開催~

会議の様子 会議の様子

 3月22日(火曜日)16時から、豊平区役所で豊平区ネットワーク会議「おもてなし部会」第2回ワーキンググループ会議が開催された。

 ワーキンググループ会議は、地域住民と行政等の関係機関との連携によって、より良いまちづくりを進めることを目的に設置された豊平区ネットワーク会議の中の組織「おもてなし部会」の下に設置されたものであり、冬季オリンピック・パラリンピックの招致に向けた機運の醸成とまちの活性化を目指す「TOYOHIRA『おもてなし特区』推進事業」における各種取組のアイディア出し、原案の作成等を行う。

 この日は、区内の経済団体、大学、主要施設などの関係者ら11名が参加し、「おもてなしの街・豊平」を表すロゴマーク「アップルスマイル」の活用策、「おもてなし憲章」の素案作成、「食の新定番」の開発の3点について意見交換を行った。

 参加した大学生からは、アップルスマイルを広げるための方策として、「区内の地下鉄駅や学校で働く人にバッジを着けてもらうなど、できるだけ多くの人の目に触れて、これは何かと着目してもらうことが必要」、「若者の間に浸透させるには、ツイッター等のSNSを活用することが有効」等の意見が出された。

 また、会議のアドバイザーである北海商科大学の加藤由紀子(かとう・ゆきこ)教授からは、おもてなし憲章に関連した他都市の実例が紹介されたほか、菓子工房ケイク・デ・ボア(豊平区月寒西3条10丁目1-16)のオーナーシェフ、森伸司(もり・しんじ)さんが製作したリンゴ型のクッキーを試食しながら、食の新定番についての意見交換が繰り広げられた。

 次回の会議は4月下旬に開催予定。

会議の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603