• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2015年の地区ニュース > 2015年12月 > 豊平区ネットワーク会議「第1回おもてなし部会」を開催

ここから本文です。

更新日:2015年12月28日

豊平区ネットワーク会議「第1回おもてなし部会」を開催

2015年12月17日

区民運動に向けた新たなスタート
~豊平区ネットワーク会議「第1回おもてなし部会」を開催~

戸崎部会長のあいさつの様子 三井区長のあいさつの様子

 12月17日(木曜日)、豊平区ネットワーク会議の「おもてなし部会」が初開催され、住民組織や経済団体など約35人が参加し、「札幌市まちづくり戦略ビジョン・アクションプラン2015」に掲載される「TOYOHIRA『おもてなし特区』推進事業」の展開をはじめ、今後の部会運営などについて協議した。

 豊平区ネットワーク会議は、地域のまちづくりの中核を担う町内会連合会をはじめ、区内で活動する各団体が一体となって情報共有や意見交換を行い、区政運営に反映させていく場として平成23年に設置され、豊平区の区民協議会として位置付けられている。

 このほど新設された「おもてなし部会」は、会議の運営体制を見直す一環として、より掘り下げた議論と開催回数の増を可能とするためのもの。まちづくり戦略ビジョンに掲げられた「区民協議会の活性化」も視野に入れている。

 会議のはじめに、福住地区町内会連合会長である戸崎良英(とざき・よしひで)部会長が参加者に部会の新設に至るまでの経緯を説明。続いて、三井一敏(みつい・かずとし)豊平区長は、金沢を訪れた知人が、街行く多くの市民から自然体で歓迎の言葉を掛けられて感激したというエピソードを紹介し、「観光都市・金沢のように、市民のおもてなし力により、訪れた人をたちまち魅了してファンにする、そうした街を目指したい」と所信を述べた。

 議題に入り、まずは区役所から事業の枠組みについて「冬季オリンピック・パラリンピックの招致を見据え、地域の機運の醸成と活性化を図るため、豊平区を来訪する方々に対し、地域・企業・商店街等が連携して、さまざまなおもてなしの取り組みを展開していきたい」という説明があった。

 続く意見交換の場面においては、各団体からの地域の現状についての報告を中心に、「子どもの斬新なアイデアと行動力の活用」や「伝統文化を中心に据えた留学生との交流」、「国道36号の環境整備」といった観点での前向きな提言もあった。

 最後に、この部会を中心に、地域の多様な取り組みをすり合わせしながら、区を挙げて大きな事業に発展させていくことを全体で確認した。
意見交換の様子 意見交換の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603