• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 北海学園大学生が地域の除雪ボランティア

ここから本文です。

更新日:2018年4月13日

北海学園大学生が地域の除雪ボランティア

2013年2月6日

「絆プロジェクト」開始!大学生が地域貢献
~北海学園大学生が地域の除雪ボランティア~

学園大生除雪ボランティア3 学園大生除雪ボランティア2

 2月6日(水曜日)9時から、北海学園大学(木村和範(きむら・かずのり)学長)の学生たちが地域の児童会館や小学校などを訪れ、除雪ボランティアに汗を流した。

 これは、例年にない豪雪に見舞われている今、大学生の若い力を地域のために活かしたいと、北海学園大学が主体となって計画したもの。同大学が平岸まちづくり協議会(中目明德(なかのめ・あきのり)会長)に協力を申し出たところ、平岸児童会館、中の島小学校、平岸会館の3か所の除雪を行うことになった。学生に参加を呼び掛けたところ、アメフト部や柔道部などの体育系部員を中心に申し込みがあり、総勢45人が参加した。

 平岸児童会館には、ゴルフ部や学生団体「ヒストリー」の学生たちが訪れ、屋根や物置の雪下ろしや非常口付近の除雪を行った。学生たちは想像よりも固くて重たい雪に苦戦していた様子で、力が入りすぎてスコップが折れてしまうアクシデントも。しかし、「大勢でやると雪かきも結構楽しい」などと話し合いながら作業を進め、2時間ほどで無事に終了した。

 作業にあたったゴルフ部の学生は「ボランティア募集を聞いて、地域への貢献になるならと思い、参加しました。ボランティア精神を大事にしたいです」と話していた。

 同大学は今回の除雪ボランティアをきっかけに、「絆プロジェクト」として、学生と地域との触れ合いを深めることを目的とした事業を進めていく予定。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603