• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 北海道日本ハムファイターズへ豊平区のリンゴ贈呈

ここから本文です。

更新日:2017年10月20日

北海道日本ハムファイターズへ豊平区のリンゴ贈呈

2012年10月3日

豊平区のリンゴでリーグ優勝をお祝い!
~北海道日本ハムファイターズへ豊平区のリンゴ贈呈~

ファイターズリンゴ贈呈1 ファイターズリンゴ贈呈2

 10月3日(水曜日)午後4時から、札幌ドーム(豊平区羊ケ丘1丁目)で三日市宏展(みっかいち・ひろのぶ)豊平区長と美園リンゴ会の大宮幸一(おおみや・こういち)会長が、2日に3年ぶりのリーグ優勝を果たした北海道日本ハムファイターズの栗山英樹(くりやま・ひでき)監督に、環状通のリンゴ並木で収穫したリンゴを贈呈した。

 これは、ファイターズが本拠地を札幌ドームに移転した平成16年から毎年行われている取り組みで、今年で9回目。ファイターズを応援するとともに、選手たちに本拠地である札幌ドームのある地元豊平区の魅力を知ってもらおうと、区のシンボルであるリンゴを贈っているもの。毎年豊平区が企画している。今年の贈呈には、豊平区と共にリンゴ並木の維持管理に協力している美園リンゴ会が初めて参加した。

 贈呈されたリンゴには、貼ってあるシールをはがすとチームのロゴや監督・選手の背番号が黄色く浮き出て見えるよう工夫されている。 (贈呈したリンゴへのシール貼りつけの様子)

 三日市区長が「これからクライマックスシリーズ、日本シリーズと頑張って、日本一を目指してください」とリンゴの入った籠を手渡すと、栗山監督は自身の背番号80のリンゴを見つめながら「リンゴを食べて、さらにパワーアップして頑張ります」と力強く答えていた。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603