• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 地域と豊平区が協定を締結

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

地域と豊平区が協定を締結

2012年6月15日

新しい形の憩いの場を作るため
~地域と豊平区が協定を締結~

東月寒協定1 東月寒協定2

 6月15日(金曜日)、東月寒地区町内会連合会と豊平区が、未利用の樹林地(豊平区月寒東3条18丁目)を共同で整備、維持管理していく協定「豊平区月寒東3条18丁目樹林地に関する協定」を結んだ。

 この樹林地は白樺が多く生えているため、樹木の近隣住宅地への越境、花粉の飛散や落ち葉等、地域にとって問題になっていた土地。今回の協定は、それらの問題を解消し、この土地を新しい形の地域住民の憩いの場、地域におけるイベント広場等として活用し、地域にとってより良い場所とするため、地域と区が協定を結び、役割を分担して整備及び維持管理をしていくこととしたもの。協定の具体的な内容は、樹木の伐採、外柵の設置等の基盤整備は区が行い、その後の植樹やベンチ等の整備は地域が時間をかけて進めることとなっている。

 協定締結の際、三日市宏展(みっかいち・ひろのぶ)豊平区長が「今までにない新しい形の土地の活用方法になる。地域と区が協力して地域住民の憩いの場としていきたい」と思いを述べると、東月寒町内会連合会の土井計人(どい・かずひと)会長は「地域としても時間をかけてこれからの活用について検討していきたい」と語り、これからのさらなる協力を確認し合った。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603