• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 豊平・清田消防署林野火災総合訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2017年5月19日

豊平・清田消防署林野火災総合訓練を実施

2012年5月17日

山火事にご注意!
~豊平・清田消防署林野火災総合訓練を実施~

林野火災訓練1 林野火災訓練2

 5月17日(木曜日)10時30分から、北海道農業研究センター(豊平区羊ヶ丘1番地)敷地内で、林野火災総合訓練が行われた。

 この訓練は、林野火災が多発する季節を迎え、関係機関と連携して迅速で的確な消火活動が行えるよう、豊平消防署(豊平区月寒東1条8丁目、室橋文雄(むろはし・ふみお)署長)と豊平消防団(松本吉正(まつもと・よしまさ)団長)及び清田消防署(清田区平岡1条1丁目、福田稔(ふくだ・みのる)署長)と清田消防団(佐々木勝宏(ささき・かつひろ)団長)が合同で実施したもの。地域の消防団、北海道農業研究センター職員を含めた84人と車両6台、ヘリコプター1機が参加した。

 林野火災は、市内での建物火災と異なり消火水の補給が困難であり、また道路が整備されていないため、消防車両が火災現場に接近できないことが多い。

 この日の訓練は、北海道農業研究センター職員が巡回パトロール中、白煙の上昇を発見し、初期消火を行いながら、「近くの雑木林が燃えている」と119番通報して開始。小型動力ポンプでくみ上げた池の水を利用した放水などによる延焼阻止消火、ヘリコプターからの放水による空中消火などが行われ、空と陸で連携のとれた消火活動が展開された。

 訓練終了後、豊平消防署の室橋署長は「先月末には清田区で林野火災がありました。皆さんには、そのようなことが万が一起こった時、訓練の成果を出していただきたいと思います」と講評を述べていた。

 訓練を見学した子供連れの女性は「ヘリコプターからの放水を近くで見る機会なんてあまりないですよね。山火事の時は大規模な出動になるんですね」と感心したように話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603