• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 豊平公園緑のセンター「ハーブ展」

ここから本文です。

更新日:2017年5月8日

豊平公園緑のセンター「ハーブ展」

2012年5月15日

癒し・香りのハーブが45種類
~豊平公園緑のセンター「ハーブ展」~ 

ハーブ展1 ハーブ展2

 5月15日(火曜日)から、豊平公園緑のセンター(豊平区豊平5条13丁目)展示温室で、さまざまな使い道を持つハーブの魅力を伝える「ハーブ展」が開催されている。

 ハーブは、料理の香り付けやお茶、薬品、染料などに広く利用されている。また、生命力が強く、初めての人でも育てやすいことから、ガーデニング用としての人気も高くなっている。

 今回展示されているハーブは、ミント類、セージ類、カモミール類など約45種類。それぞれ、用途と越冬の可否がひと目でわかるようにラベルで表記されている。展示されているハーブ苗は販売もされており、価格は一鉢150円からと買いやすい値段となっている。また、ハーブの育て方や利用法を紹介するパネルの展示や、ハーブを使った料理レシピの配布なども行っている。

 また、開催期間中の11時~14時の間、同公園でボランティア活動をしている「豊平公園花とハーブの会」により、摘みたてのハーブを使ったフレッシュハーブティーの試飲サービスも行われており、3種類のハーブティーを楽しむことができる。

 来場した女性は「ハーブがあると部屋が良い香りになりますし、成長していく姿を見ているとうれしくなります。今日も新しい苗を買っていこうと思います」と笑顔で話していた。

 この展示会は、5月27日(日曜日)まで開催されており(5月21日(月曜日)は休館)、時間は8時45分から17時15分までとなっている。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603