• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > とよひらおもしろスノーパーク

ここから本文です。

更新日:2012年2月13日

とよひらおもしろスノーパーク

2012年2月12日

冬の寒さを吹き飛ばせ!

~とよひらおもしろスノーパーク~

スノーパークの様子 スノーパークの様子
 平成24年2月12日(日曜日)午前10時から、月寒公園内坂下野球場(札幌市豊平区美園11条7丁目ほか)で、「とよひらおもしろスノーパーク」が開催され、子どもたちや家族連れなど約1,000人がたくさんの雪遊びを楽しんだ。
 このイベントは、冬季間に野外で子どもから大人まで楽しめる冬のスポーツ事業として平成19年から開催しているもので、今年で6回目。地域住民などのボランティア、財団法人札幌市青少年女性活動協会などの協力のもと、豊平区体育指導委員会、豊平区役所が主催。札幌大学や北海学園大学などの学生もイベント企画や当日運営にボランティアとして協力した。
 地区対抗で小学生チームが激突した雪合戦「スノーファイト」では、リーグ戦形式の予選から試合は白熱。相手チームのプレーヤーに球が当たりそうになるたびに、応援席の親や友達は白い息を吐きながら「惜しいー!」「もっと近くまで行って!」などと大きな声援を送っていた。
 また、公園内の長い斜面を滑り降りる「チューブ滑り」では、予想を上回るスピード感に、子どもだけでなく大人たちも「キャー!」と歓声を上げ、子どもたちは「もう一回する」といって何度もチャレンジしていた。
 お昼には、会場を盛り上げ一体感を出そうと、来場者全員で「マルモリ体操」を踊った。体操は、区のキャラクター「こりん」と「めーたん」、コンサドーレ札幌の「ドーレくん」、日本ハムファイターズの「B☆B」も一緒に踊り、参加者たちは、元気いっぱいに跳んだり、手を振ったりした。
 このほか、例年来場者に好評のバスケフリースローやげんき雪んこ広場、雪中巨大かるたなどのコーナーが設けられ、子どもたちは寒さを忘れて会場内を走り回った。
 女の子とチューブ滑りに挑戦したお父さんは「私の方が怖がっていたかも」と笑顔で話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603