• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 手作りウインナー教室

ここから本文です。

更新日:2012年2月6日

手作りウインナー教室

2012年2月4日

食の大切さ、命の大切さについて考えよう!

~手作りウインナー教室~

教室の様子 教室の様子
 2月4日(土曜日)午前10時30分から、中の島児童会館(札幌市豊平区中の島2条3丁目)で、手作りウインナー教室が開催された。これは、次世代を担う子どもたちに、今のうちから食や命の大切さについて考えてもらおうと、豊平区と中の島地区町内会連合会青少年部が豊平区老人福祉センターや中の島児童会館の協力を得て開催したもの。
 当日は、中の島地区の小学生36人が参加。まずは区の職員から正しい手洗い方法を学び、みんなで手を洗った後に6班に分かれてウインナーソーセージ作りを体験。各テーブルにはボウルに山盛りになった豚ひき肉や羊の腸、ハンドスタッファーという腸詰器などが用意され、子どもたちは初めて見る器具に興味津々。2人1組となり、ハンドスタッファーにひき肉を詰め、先端に羊の腸をセット、ひき肉を押し出し、適当な大きさにねじるところまでを自分たちで行った。
 各テーブルともにぎやかに作業が進み、うまくできないところはボランティアスタッフとして参加した町内会役員らに手伝ってもらうなど、世代間交流も進んだ様子。
 作業が終わるとウインナーソーセージをボイルしてもらい、パンなどに挟んで全員で試食した。参加した子どもは「ウインナー作りは難しかったけど、自分で作ったと思うとおいしい」と笑顔を見せた。
 最後に、今日の講師を務めた日本ハム北海道販売会社の高井正裕(たかい・まさひろ)さんが、「今日は自分が食べるものを素材から作ってもらいました。大変だったと思いますが、毎日食べているものが誰かの手を経てできていることを感じてもらえたら」と話し、子どもたちは食に対する理解を深めた様子だった。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603