• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 西岡地区の小学生がindoor雪合戦で熱戦を展開

ここから本文です。

更新日:2012年1月12日

西岡地区の小学生がindoor雪合戦で熱戦を展開

2012年1月10日

勝利を目指して投げまくれ!

~西岡地区の小学生がindoor雪合戦で熱戦を展開~

試合の様子 試合の様子
 1月10日(火曜日)から西岡地区の各小学校で、indoor雪合戦の予選が始まった。
 これは、毎年1月に開催されているもので、今年で6回目。西岡地区町内会連合会と西岡地区青少年育成委員会が各小学校などの協力を得て実施している。西岡地区の子どもたちが通う小学校4校で予選が行われ、低学年(1~3年生、男女混合)、高学年(4~6年生)男子、高学年女子のそれぞれの部門で勝ち残った1チームが代表となり、決勝戦に進む。この日は、西岡南小学校(札幌市豊平区西岡4条12丁目)で予選が行われ、低学年7チーム、高学年男子6チーム、高学年女子2チームの計15チーム約130人が参加した。
 ルールは屋外の雪合戦とほぼ同じで、球に当たらずにより多くの人数を残すか、敵陣にある旗を取れば、勝ち。屋内で行うので、雪玉の代わりに運動会の玉入れ用の紅白の玉を、また、玉よけの障害物には跳び箱を使用する。
 初めにルールや注意事項の説明を受けた後、いざ競技の開始。
 防御が甘くなった敵をスピードのある球で射止めたり、跳び箱の陰に潜む敵には放物線を描く高い球で油断を突くなど、飛び交う球種は緩急さまざま。チーム戦略も、旗の周りに布陣を敷く守備重視のチームもあれば、次々と敵陣の旗を奪いに向かうチームもあった。
 敵陣の旗を目がけて果敢に攻めて球を当てられた男の子は「めっちゃ悔しい!」と、次の試合での雪辱を誓っていた。
 決勝戦は、今月21日(土曜日)に同校で開催。残る3校からも選抜される各学校の代表チームが激突する。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603