• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 東月寒セーフティフェスタ2011

ここから本文です。

更新日:2011年9月13日

東月寒セーフティフェスタ2011

2011年9月12日

地域一丸!「安全」を楽しく学ぼう!

~東月寒セーフティフェスタ2011~

シートベルト効果実験の様子 煙道通過避難体験の様子

 9月12日(月曜日)午前11時30分から、北翔クロテック月寒ドーム(札幌市豊平区月寒東3条10丁目)第3駐車場で「東月寒セーフティフェスタ2011」が開かれた。
 東月寒地区まちづくり協議会「童夢」(船越一珠子(ふなこし・かずこ)会長)の主催。平時にこそ防災や防犯のためのシミュレーションを経験し、いざという時に備えてほしいとの希望から、関係機関や団体が協力し昨年から準備してきたもの。広く地域住民に来場を呼び掛けたほか、子どもの時からしっかり楽しく学んでほしいとの思いから、東月寒地区にある小中学校の児童・生徒約400人も招待された。
 会場には、装甲車両や炊事車、パトカー、防犯パトロール隊などの車両が集結し、煙道通過体験やシートベルト装着効果、消火訓練などのデモンストレーションのコーナーも開設。展示品も目白押しで、人命救助用の特殊工具やAED、警棒・さすまたなどの警察装備品といった防災・防犯関連機材が勢ぞろいした。
 すべて試技・試乗、体験できるとあって、来場者は少々はしゃぎ気味に、装備品を身に付けて警察官に使い方を習ったり、時速5キロで衝突した時の車の衝撃に驚いたりと、今まで深く知らなかった防犯活動、災害・人命救助の世界を垣間見て、目からうろこといった様子。
 自衛隊の炊事車の展示では、走行しながらでも一度に約200人分の食事を調理できると聞いて、大人も子どももびっくり。東日本大震災の被災地でも活躍したとあって、被災地での活動紹介の映像ブースには、たくさんの人だかりができていた。
 また、警察犬の実技訓練では、ハンカチに付いた匂いだけを頼りに、ターゲットを見事探索。警察犬の能力の高さに、訓練を見守った人たちは関心した様子だった。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603