• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 「中の島再発見の旅」

ここから本文です。

更新日:2011年7月22日

「中の島再発見の旅」

2011年7月21日

まちの魅力を探りに行こう!

~「中の島再発見の旅」~

紙細工「国技大相撲」

 7月21日(木曜日)午前9時30分から、豊平区の中の島地区において、「第3回中の島再発見の旅」が開催された。
 これは、自分たちが暮らす地区の魅力をもう一度探ってみようと、「中の島魅力ある地域づくりの会」(徳中五郎(とくなか・ごろう)会長)が毎年開催しているもので、今年で3回目。初夏のすがすがしい晴天に恵まれ、地域の約50人が参加した。
 最初に訪れたのは、紙工芸と水彩画を展示している「A&G MIURA」(札幌市豊平区中の島2条9丁目)。自宅兼アトリエをギャラリーとして開放している三浦富幸(みうら・とみゆき)さんは、札幌の地下鉄の色彩・デザイン計画を手掛けた建築デザイナーで、妻の美智子(みちこ)さんと製作した両国国技館の紙細工や、まるで写真のように精密なSL機関車の水彩画など、数多くの作品を展示している。水彩画に目を凝らして「これは本当に絵ですか」と驚く参加者に、三浦さんからは、作品に懸ける思いや製作時の苦労などが語られた。
 次に訪れたのは、昨秋改築した平岸西小学校(札幌市豊平区平岸1条15丁目。丸山幸雄(まるやま・ゆきお)校長)で、廊下との間の壁がない最新の教室の構造や、カラフルでデザイン性に優れたトイレなど、真新しい校舎を隅々まで見学。特に、体育館内にある非常用備蓄庫は、災害時に避難者が使用する毛布などを保管する設備とあって、参加者は「学校が地域の拠点だと実感できる。こういうものがあれば安心ですね」と話していた。
 最後に、天神山緑地(札幌市豊平区平岸2条17丁目)の芝生で昼食を取りながら、区役所の保健師から健康についての講話を受けて、今年の「再発見の旅」を締めくくった。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603