• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 鉄一が里とよひら塾「とよひらの歴史を巡ろう」開催

ここから本文です。

更新日:2011年6月21日

鉄一が里とよひら塾「とよひらの歴史を巡ろう」開催

2011年6月19日

クラーク博士の足跡を訪ねて

~鉄一が里とよひら塾「とよひらの歴史を巡ろう」開催~

 記念撮影

 6月19日(日曜日)午前9時から、札幌市内や北広島市を巡り、札幌農学校教頭であったクラーク博士の足跡を訪ねる「鉄一が里とよひら塾第2講~とよひらの歴史を巡ろう~」が開催され、地域住民約20人が参加した。
 これは、地域の活性化を図ることを目的に活動しているまちづくり団体「フロンティア豊平21」と豊平地区町内会連合会、豊平まちづくりセンターが開催したもの。
 フロンティア豊平21が実施している講座「鉄一が里とよひら塾」の一環として行われており、札幌市や旧豊平村の歴史とクラーク博士の教えを知り、また、地域住民間の交流を図ることを目的としている。
 この日は、豊平まちづくりセンター(札幌市豊平区豊平6条7丁目)を出発し、創成川公園内の大友亀太郎像や北海道里程元標(札幌市中央区南2条東1丁目)、旧島松駅逓所(北広島市島松1番地)等の歴史的な名所を見学してから、さとづかの湯(札幌市清田区美しが丘5条9丁目)で地域住民の交流を行うというコース。移動中のバス内では歴史クイズなども行った。
 旧島松駅逓所はクラーク博士が「少年よ、大志を抱け」の名言を残した所。参加者は、主催者や旧島松駅逓所の管理人から解説を聞き、馬を貸す・宿泊・通信といった駅逓所の役割を学んだほか、参加者同士で話し合いながらクラーク博士の業績をたたえる資料を見たり、興味深そうに見学していた。
 地域から参加した女性は、「歴史的なものでも、意識して見ないとその存在に気付かないことが多いので、これからも歴史を学んでいきたいです。」と楽しそうに話していた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603