• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 豊平町合併50年に思いを馳せて

ここから本文です。

更新日:2011年3月25日

豊平町合併50年に思いを馳せて

2011年3月14日

豊平町合併50年に思いを馳せて

~とよひらの日特別企画~

対談の様子

 平成23年3月14日(月曜日)、豊平区役所(札幌市豊平区平岸6条10丁目)で、旧豊平町議会による札幌市への合併議決50年を記念した企画が開催された。
 豊平区役所では、旧豊平町議会が札幌市との合併を議決したのが昭和36年3月14日であることや、数字の14が語呂合わせで「とよ」と読めることから、毎月14日を「とよひらの日」と定め、さまざまな取り組みを進めている。今回は議決から50年という節目を迎えての特別企画。
 まずは区長室で、二木豊平区長と入江市民部長が、月寒あんぱんで知られる株式会社ほんま(札幌市豊平区月寒東2条3丁目)の本間幹英(ほんま・みきふさ)社長と、区内にあるコミュニティFM放送局、FMアップル(株式会社エフエムとよひら、札幌市豊平区平岸2条5丁目)の福津京子(ふくつ・きょうこ)放送局長と対談。当時の豊平町長とは親戚に当たるという本間社長と、合併は賛否両論があり、決定までには時間を要したという話や、50年前の世相や写真などで当時を振り返った。
 また、今年はアンパン道路の完成から100年という記念の年でもあり、「札幌は地域性が薄いと言われますが、これを機に過去の歴史をひもとき知ってもらうことができれば。また、その役に立てればと思います」と本間社長。二木区長は「豊平区にはこりんとめーたんという完成度の高いキャラクターもいるので、これらを使いながら民間と協力し一緒にまちづくりを進めていきたい。いつか「豊平ブランド」といえるものができればいいと思います」と、将来にも思いを馳せた。
 その後、福津さんと北海道日本ハムファイターズのキャラクター「B・B」が「とよひらHANA-LAND応援団」に任命され、区民センターで美園保育園(札幌市豊平区美園5条7丁目・尾野裕美子(おの・ゆみこ)園長)の園児たちと記念の苗作りを行った。間近で触れ合う「B・B」に園児たちは感激した様子で、一緒にパネルの飾り付けを行ったり、応援メッセージを書いた色紙を渡したりと、交流を深めた。園児たちが記念プレートを挿した花苗は6月のとよひらの日に行う記念植花に使われる予定となっている。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603