• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 豊平歩っ歩の会でスノーシュー

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

豊平歩っ歩の会でスノーシュー

2011年2月15日

冬の公園でいつもと違う発見を!
~豊平歩っ歩の会でスノーシュー~

ウオーキングの様子

 平成23年2月15日(火曜日)9時30分から、「豊平歩っ歩(ぽっぽ)の会スノーシュー」が開催された。
 「豊平歩っ歩の会」は、区民の健康づくりやストレスの発散を図るとともに、ウオーキングの楽しさを広めることを目的として、豊平保健センターが主催しているもの。
 今回は、豊平区民20人が参加。日本に古くからある「かんじき」を改良した「スノーシュー」で、雪の上でのウオーキングを楽しんだ。
 この日、区役所に集合した参加者は、まず、講師から、スノーシューの履き方や歩き方の説明を受けた。スノーシューを初めて見る参加者もおり、左右の足幅を大きく取ること、後ろ向きに歩くと転びやすいので、必ず方向転換してから前へ進むことといった注意点などに真剣に耳を傾けていた。
 その後、月寒公園で実際にスノーシューを体験。普段は雪が深くて近づくことができない木々の間を歩いたり、昨日から降り積もった新雪の上に足跡を付けたりしながら、公園内を散策した。
 この日は天候にも恵まれ、参加者は慣れないスノーシューに少し戸惑いながらも、「いつもと違う目線での景色を楽しんでください」という講師の言葉を受けて、時々足を止めて周りの景色に目をやり、小動物の足跡を発見したりしながら、冬の公園で楽しいひとときを過ごした。
 初めてスノーシューを履いたという女性は「一歩一歩が思ったよりもきついですね。でも、誰の足跡もない新雪の上を歩くのは気持ち良かったです」と笑顔で話した。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603