• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 「冬の災害避難所体験」開催

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

「冬の災害避難所体験」開催

2011年1月15日

真冬の避難生活を体験
~「冬の災害避難所体験」開催~

食事の様子

 平成23年1月15日(土曜日)~16日(日曜日)に、豊平区民センター(札幌市豊平区平岸6条10丁目)で、冬の避難所での生活を体験する「冬の災害避難所体験」が平岸中の島少年消防クラブの主催で行われ、地域の小学生やその父母など112人が参加、61人が宿泊した。
 この体験事業は、平成19年から毎年行われているもので、今年で5回目。厳冬期に札幌市が大規模な地震災害に見舞われ、電気、水道、ガスなどの供給が断たれた場合を想定し、暖房のない避難所での寝泊まりや非常食を使った食事など、実際に冬の避難所生活を自ら体験し、改めて大規模地震などへの日ごろからの備えや、災害発生時に必要な知識を身に付けてもらうことを目的に行われた。
 会場では、阪神大震災を教訓として、実際に地震が発生したときにはどのように対応すべきかといったシミュレーションや、アマチュア無線を使った模擬非常通信訓練、救助隊が人命救助に使う救急資機材の使用体験、心肺蘇生法やAED(自動対外式除細動器)、簡易トイレの使い方などの講義が行われたほか、参加者同士が災害時に大切なことや、何が必要かについて意見交換を行った。
 夕食時には、自衛隊によるカレーライスの炊き出しが行われ、子どもたちはおかわりをするなど大喜びの様子。
 夜は、各自が用意した毛布や寝袋などにくるまり、就寝。夜間の大変な冷え込みの中、暖房の入らない避難所で朝を迎えた子どもたちは、「寒かったけど、いろいろな体験ができて楽しかった」と感想を述べていた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603