• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 「Fighters Press For 冬のとよひら」開催

ここから本文です。

更新日:2011年2月24日

「Fighters Press For 冬のとよひら」開催

2010年12月4日

日ハムの選手が豊平区の一日特派員に
~「Fighters Press For 冬のとよひら」開催~

子どもたちとの交流の様子

 平成22年12月4日(土曜日)13時から、北海道日本ハムファイターズの選手が豊平区の一日特派員に就任し、区内で行われる行事の体験取材を行うイベント「Fighters Press For 冬のとよひら」が、月寒体育館(札幌市豊平区月寒東1条8丁目)と月寒公民館(札幌市豊平区月寒中央通7丁目)で行われた。
 これは、豊平区のまちづくりについて、北海道日本ハムファイターズと連携し広く区民にPRすることを目的に豊平区が主催したもので、今年で3回目。この日は、同球団の大平成一(おおひら・せいいち)選手が、特派員として区内施設を訪れた。
 初めに、月寒体育館で二木一重(にき・かずしげ)豊平区長から一日特派員の任命を受けた大平選手は、区内のコミュニティFM放送局、FMアップル(株式会社エフエムとよひら、札幌市豊平区平岸2条5丁目)による出前放送にゲストとして出演し、ファームでの生活や今シーズンの成績などを話した。
スケートリンクでは、実際に製氷車に乗って製氷作業に挑戦。初めて体験する作業に緊張した様子だったが、子どもたちから「頑張って」と声をかけられると、大平選手は手を振って応えていた。
 また、場所を変えてクリスマスツリーの飾りつけを子どもたちと一緒に行ったり、千葉県鎌ケ谷市にあるファームの本拠地のことなどについてスライドを使って紹介したりした。質問タイムでは、会場から「仲の良い選手はだれですか」といった質問が出ると、「みんなと仲がいいですよ」と笑顔で答え、「プロ4年目になる来年こそは、1軍に上がって札幌ドームで試合ができるよう、みなさん応援をお願いします」と力強く語った。
 その後、月寒公民館に移動して、「豊平区こどもおりがみ作品展」を体験取材。子どもたちと一緒にサンタクロースやろうそくの折り紙を折って交流を図ったあと、子どもたちの代表から選手を激励する折り紙アートが手渡されると、大平選手は嬉しそうに受け取っていた。

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603